警察庁 広報室(公聴)の業務に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-02-18 (月) 14:25:21
  • 段階、参照:

趣旨

 今時代に合わない接遇の状況に有るので、業務の改善を請求。

請求

警察庁 長官官房 総務課 広報室

問題点

  1. 業務の説明
    1. 職務において、問合せ者(一般人)に、明確な説明が行えない。
      1. 特に守秘する必要が無い事柄など。
      2. 基本的に、担当者個人の過剰な正義感で公務が行われている事が多く、上司も「業務の要綱や業務の手引書でわなく、私に従え」と言う性格を有する場合に生じる、典型的な情況。
      3. 逆も有り、「業務の要綱、業務の手引書が無いから、上司の指示に従え」と言う場合も有る(つまり、業務の要綱に無い範疇に付いては、上官による責務の範疇と成るが、倫理的に逸脱する場合には、それにと従う義務が部下に無い)。

新たな問題点 平成25(皇紀 2673;2013)年03月06日

  • 代表電話からの取次ぎ
    • 全回線が塞がる。
      • 回線の増幅(一回線の増幅:相応に増員)
  • 運営時間
    • 10時から17時
      • 事件における緊急性の有る場合を除く。

他の案件と、併合


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:25 (604d)