総務省 全省庁の広報における有り方に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-02-28 (木) 01:19:32
  • 段階、参照:

趣旨

 近年は、一般国民からの問合せや要望、意見、等が、各公共機関に、多く、寄せられて、る。

 それに、伴う、公務の環境が、求められて、いる。

補足

 裁判所だと、「電子的な問合せが、行え、ない」ので、直接に、簡易的な要望を、行った。

関する、課題

要望

 「警察庁の案件も、有った」ので、それの序に、行った。

総務省 行政評価局 行政相談 - 平成25(皇紀 2673;2013)年02月28日

 (御意見、御要望に付いて)はい、解りました。

概要

 以下の点を、改善されたい。

  1. 問合せ案件の電子化
    1. Website
      1. FA.Q の設置
    2. 事案の番号化
      1. 相手へ、事案の番号を、伝える。
  2. 電話での対応における、録音
    1. 録音される事の告知 - 自動の音声
    2. 一方的に、記録するだけの時
      1. 完全な録音だけの対応 - 留守番電話の録音と、同じ、対応
  3. 民間へと、委託
    1. 公聴の業務は、公務員が、行うよりも、民間企業の人材が、優れて、いる。

参照


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-10 (火) 12:47:36 (231d)