国 自動車の運転における自動化に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-01-09 (水) 14:17:41
  • 段階、参照:

趣旨

 近年は、自動車の運転を、自動化する、研究が、(世界各地の)各企業で、行われて、いる。

 日本国で、その導入が、一番に、見込まれるのは、『高速の大型輸送車両』(人、物、等の輸送)と、想われる。

 よって、国土交通省へ、『相応の研究、開発における、促進』の請求を、行う。

 なお、『水素系燃料の起用も、同時に、推進を、行う、事』も、求める。

留意 追記 平成29(皇紀 2677;2017)年10月25日 現在
 全地球測位機構(Global Positioning System:GPS)の利用は、太陽の活動(自然の現象)により、悪影響が、生じる、事が、有る、事も、解って、いる。
対策
 線路、信号、線、等を、映像、音(音波)的に、認識を、行う、方法が、比較的に、安全と、想える。
+  YouTube

終了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年08月25日 現在

 本件の課題は、後に、設置された、「(あ)自動運転の件を、『 国 車両の自動運転化 - 日誌/進捗/令和02年度/101 』、(い)水素系燃料の件を、『水素系燃料の関連』で、引継ぐ、事に、成った」ので、本件の課題では、『終了』と、判断。

参考の課題

水素系燃料の関連


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-25 (火) 12:03:52 (155d)