警察庁 司法の組織

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-01-11 (金) 17:56:18
  • 段階、参照:

趣旨

 自由な研究/鑑査を編集中に、司法の分野が組織図的に不明確である事に気が付いたので、それに伴い、各該当の機関が、どこの機関に属するのかを調査。

確認

総務省、警察庁、人事院

 裁判所は、僕の観点だと、「国会により定められた法律、規律などを基に活動する、国民や公的な機関からの訴えに基づき、鑑査する機関」と位置づけている。

 ちなみに、「警察は、刑法の定めに合致するであろう人員を容疑者(当人、弁護側からすれば、被疑者)を捕獲(逮捕)を行い、検察へ引き渡すのが仕事であって、次いで検察は、起訴を行うのかを判断、公訴と成れば容疑者が被告人と成り、担当の検事が公訴人と成って、法廷で刑罰の有無などを争う」のが一般的な流れかと想われる。

調査の結果

  • 警察庁
    • 国家の機関
      • 国家公安委員会の配下で形成される。
    • 所属する職員は、国家公務員
    • 主な配下の組織
      • 警察大学校
      • 科学警察研究所
      • 皇宮警察本部
      • 各管区警察局(管区警学校を含む)
  • 地方の都道府県警察とは、異なる
    • 都道府県警察は、都道府県知事の配下ある『都道府県公安委員会の管理下で形成』される。

参照


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:39 (604d)