国 外国人による土地の占有権に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-04-25 (木) 15:24:53
  • 段階、参照:

趣旨

 近年に、外国人による、『(A)本邦の土地を、買い占め、(B)占有権の主張、(C)土地の関連で、生じる、近隣への利害的関係』が、問題視されて、いる。

 他国では、外国人に、「土地の占有を、認めて、無い」、政府(文化)も、有る。

補足
 土地の占有権とは、「土地の購入を、行い、占有を、行う、権利を、得る、事」を、意味する。

 また近年では、国内の外国人による占拠、それに伴う文化の劣化、犯罪の増加も懸念されている。

 よって、「本邦(日本国)でも、外国人による土地購入を制限する必要が有る」と判断 するに至りつつ、相応の要求を国家へと行う。

補足
 追加、補正の内容は、以下の通り。
永住権を有する者 平成25(皇紀 2673;2013)年05月09日
 永住権を有する場合、『(A)営利、非営利の事業体設置、(B)居住の目的で地土地購入する事』は、許可される。なお、本節の説明書きは、平成30(皇紀 2678;2018)年06月25日に追記。
土地の転売用では、購入を行えない(土地転売業は、許可されない) 平成30(皇紀 2678;2018)年06月25日
 土地の価値は、流動的と成っており、『政府など行政の機関を含む、開発において、土地の価格を高騰させる工作に用いられる事』を懸念する。既に、外国人による土地の購入に付いては、各地方自治体の住民に脅威感を与えている事も有が、それを政治的に取り上げて、利己的に利益を得ている政治、及び宗教の集団が有る事も、確認済。
日本人との婚姻関係にあっても、日本国籍を有する者のみ 平成25(皇紀 2673;2013)年05月09日
 婚姻後、親戚などへの名貸が懸念される。

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-24 (木) 05:06:33 (26d)