民事 立広聴の書式に関係する侮辱的行為 - 立川市役所

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-05-03 (金) 14:58:08
  • 段階、参照:

趣旨

 「立川市役所には、再三に、注意を、行って、いた」が、改まらない。

 そもそも、僕が、行った、注意は、一般的常識の範疇で、有り、公務の立場を、想えば、本来だと、発生する事が、無い、内容と、成って、いる。

 よって、地方公務員法 第三十三条の違反を、含め、慰謝料請求の観点で、争う。

  • 該当の部署

棄却

理由 - 平成29(皇紀 2677;2017)年06月17日

 長年に観察を行っていたが、『(甲)指定暴力団よりも更生、改善力が無く、(乙)平成29年06月17日現在までに、何度も同じような事件を、継続的に発生させ、(丙)それらが、職場の劣悪な人間(宗教や思想など)関係上により生じているらしい事』なども解った。

 もともと総務省に、立川市役所の自治権を剥奪するように要請を行った程で、そのような自治に、何だかを期待するのが間違っているとも想える。

 よって、本件の課題を終了とする。

補足 東京都 - 平成29(皇紀 2677;2017)年06月17日

 東京都にも問題が有る事が解っており、「(甲)都知事が、石原慎太郎 殿の以降には、何も期待を行っておらず、(乙)各歴代の知事によって、多額の損失が出ている事に付いても、都民が責任を負ってない事が解っており、(丙)各政治、宗教の団体が、海外からの入植者をSlave(スレーブ:奴隷)化する事で、利益を得ている事も解っている」ので、手の施しようが無い。

 代わりに、国家の機関にだけ、指摘を行いつつ、その改めが無ければ自然に自滅するであろう事も解るので、基本的に「無理に現状の公務を維持せず、退職、地方への転勤を勧める」にも至っている程で、その理由に「都民は、都知事による違憲な公務の対応から、生存権の保障が等しく無い状態にあり、『生存性の優劣まで有る』と判断するに至っている事」からである。

関する、法規

  • 修正
    • 各法の URL
    • [留意] - 条文は、起用時を保持

日本国憲法(電子的政府

昭和二十一年十一月三日 憲法

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

地方公務員法(電子的政府

改正
 平成二六年六月一三日 法律 第六九号

第三十三条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-10 (金) 15:58:32 (47d)