国 生活保護を受けながら、抗議活動に参加する者達に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-04-24 (木) 10:57:28
  • 段階、参照:

趣旨

 生活保護を受けていながら、何だかの抗議に、参加を行い、世間的な意味合いから、不経済な活動を、行う輩が、増えている。

 「生活保護を、受けている状態ですら、公的な負担に、成っている状況に有る」のにも拘わらず、「被生活保護者が、抗議の活動などへ、参加する事によって、更に、公益が、損なわれる」のは、国民の一人と言う立場では、認め難い。

 よって、相応の対応策を、検討する。

 なお、各地道府県の条例(例 東京都 集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例)によれば、以下の動画に見られるような活動が、許可される理由は、無い。つまり、『政治的な利用』に伴う、必要悪の発生を、『各都道府県の知事が、黙認する事』で、生じている問題。

補足
 容認(黙認)を、行っているのは、各都道府県の公安委員会、及び都道府県の知事。
推測
 南北在日朝鮮系、並びに中華人民共和国(台湾を、含む)系の在日外国人、及び帰化人の繁殖率が、過剰に成っている可能性を、疑う。
指定暴力団との政治(文化)的な、仕掛け
 指定暴力団が、似非な右翼、左翼の活動を行う事で、過剰な繁殖を、自然(政治)的に、抑制する効果を、期待されている可能性が、有る。
似非な右翼、左翼の活動は、どのような利益を、得られるのか
 自ら(の団体による活動)で、『(A)対立的意識を、一般の国民に、植え付けつつ、(B)排他される傾向にある外国人を、「護ってやるから、『みかじめ料Wikipedia』を、出せ」と、脅迫(強要)を行い、(C)それに応じない場合は、嫌がらせ(営業の妨害:不法な行為)等を、発生させる』のが、一般的な流れで、これ迄に、風俗(性風俗を、含む)に、限らず、喫茶店、飲食店など、比較的に、自営的が、被害を、被っている傾向に、有る。『まっち・ぽんぷ』Wikipediaとも、類似する。また、各都道府県 知事など、全ての公務員には『(a)活動の中止、(b)集団の結成を、禁止する事(違憲:自由の濫用)』への責任が、課せられているが、その義務を果す、公務員は、これ迄の僕の人生において、会った事が、無い。
現状における、Net での似非な右翼、左翼
 「情報によって、対立するように、『意識の操作』(Mind Control(マインド コントロール)Wikipedia)が、行われている」のも、現状。
それでも、過剰な在日外国人の繁殖は、抑制される必要が、有る
 既に、本邦に限らず、似非な民主主義集団などは、世界の各地で、暴動(集団の暴徒化)を、生じさせている。また、「西洋の思想に基づく、各国が、利益を、得られる」*1と、判断する場合には、介入を、行う。戦後の本邦では、『(Ⅰ)軍事的な、牽制が、行われている状態に、有り、(Ⅱ)『(Ⅰ)』によって、平和的な意識が、一般人に、追求され、(Ⅲ)『Ⅱ』が、過剰と成れば、文化の維持が、行い難く成る状態へ陥る』、形成(仕掛け:本邦の文化的な仕組み)に、成っている。
在日外国人や帰化人による、文化の侵食
 「背後に、Freemasonry(Wikipedia)が、工作的活動に、加担を、行っている」と、判断。各 Lodge(ロッジ) の周辺では、在日外国人が繁殖する率が、高い。また、東京都など、Freemasonry の管轄下に在る自治体では、国際的都市と称する形式で、文化のモザイク化を、図る傾向に、有る。それらの工作に、『(弌)指定暴力団、(弐)政治、思想』等の団体が、情報により、意識的な操作が、行われ、あたかも『自分の意思』(過剰な正義感:自発的)で、活動を、行っているような振る舞いを、するように成る。
事例 北海道 夕張の炭鉱(Wikipedia
 人材に、外国人労働者(慰安婦を、含む)が、使われていた説も、有り、資源の回収後、企業的には、撤退。挙句の果に、自治体が、破綻するに至っており、その責任を、本邦の一般の民へと、課す工作が、展開されている。
事例 端島 (長崎県:軍艦島:Wikipedia
 前出の『北海道 夕張の炭鉱』と、同じ。
在日外国人の二世、三世
 「自然的な圧迫により、生じる、在日外国人への違和感が、生じる事は、初めから想定されていた」*2と、想える。つまり、そのような(本邦での文化的)関係によって、各種の問題が、生じており、その主原因を、「どの企業が、有利に成り、そこの人材が、どのように、調達されているのか」等を、追求すると、辿り着く集団は、これ迄に、一つのみ。「オウム真理教(Wikipedia)でも、在日朝鮮系の人材が、関与するに至っていた事』からも、解る通り。また、近年の本邦における事情では、「暴力団の支援を受けず、(似非な:「標的の精神を、破壊後、あたかも、救世主の如く、現れる」のは、Jehovah's Witnesses(エホバの証人)Wikipedia)に限らず、『幸福の科学』など、あらゆる宗教で、見られる )宗教の支援を受けて、侵略する」との傾向に、有る。
 それらの事情を、理解するに至らない在日系の『奴隷(Slave(スレーブ) )』における二世、三世が、不良化する傾向に、有る。また、その特徴は、本邦に限らず、『世界の各国で、生じている、移民の問題』で、見られる。
留意 - 平成31(皇紀 2679;2019)年03月04日
 僕は、「(一)本邦において、『共産、共和的な主義』を、持ち込む事は、求めておらず、(ニ)国外での文化に限り、否定や、過度な干渉を、行う観点は、無い」ので、注意されたい。つまり、「似非な民主的思想を、批判する言動が見られても、本邦の国内で、『共産、共和』を、支持する事は、無い」事に、留意されたい。

調査、要望

厚生労働省 社会援護局 保護課 自立推進指導監査室 企画係

 貴重な御意見を、有難う御座いました。

  • 平成26(皇紀 2674;2014)年04月24日

概要

(一)
 生活保護を受けていながら、何だかの抗議的活動などへと、参加する事は、公益的な観点(抗議的活動の為に、警察官が、出動を行ったり、道路などの一部を、占拠する事によって生じる、世間的な不利益など)から想えば、不経済と、成る。

 よって、厚生労働省は、担当課長による指針で、「生活保護を受けながら、何だかの抗議的活動へ、参加する行動は、国益に繋がるとも限らず、可能な限り、自粛されるよう、保護を受けている者達へ、指導を、行われたい」との旨を、各福祉事務所へと、通達する事」の検討を、行われたい。

(ニ)
 また、新たに、大規模な震災や、東京で Olympic(オリンピック) が、開催された数年後、やはり生活保護を受けている者が、集団を形成後、何だかの抗議的活動を行う可能性も有り、それが暴徒化する事も、懸念される。

 よって、それらの観点から『(一)での抑止力が、無い』ならば、「抗議の活動に、参加を行った者を、支給額の減給とする』等も、検討されたい。

(三)
 更に、何だかの抗議的活動や、集団性のある活動を、行う場合には、警察署へ、届出を行う事が、必要と成り、警察でも、警戒を行っている(実務的には、機動隊などの配置、暴徒化する事の警戒を、検討する)関係から、警察庁と、協議を、行われたく、その旨を、警察庁にも、伝えておくので、検討を、行われたい。

 なお、序に「(甲)生活保護を受けている者へと、過剰な精神的苦痛を与える工作的活動や、(乙)保護を受けていながら、失踪する人達も発生、それを警察署へ、届出を、行わない自治(福祉事務所)が、有る」との課題に付いても、協議されるように、検討されたい。

警察庁 長官官房 総務課 広報室

 解りました。

  • 平成26(皇紀 2674;2014)年04月24日

概要

(一)
 近年、生活保護を受けていながら、何だかの抗議的活動に、参加する民が、増えており、それによって生じる『(A)暴力沙汰事件や、(B)道路や、特定の場所を、占拠する事によって、一般人が、迷惑(被害)を、被ったり、騒音の被害を、受ける』等の事情が、生じている。

 もともと、「何だかの集団的運動を行う時には、管轄の警察署へ、届け出を、行う必要が、有った」のかと想われ、それに反する輩達の活動も含めて、色々な警備上の対策が、必要と想われる。

 よって、抗議的活動へ、参加する事が、国益に成ると、誤認(過信)する被生活保護者には、抗議的活動への参加を、自粛するように、求めつつ、(抗議的活動が)暴徒化する事の抑止力と成る対策が、求められ、抗議的活動を行う構成員の把握を行いつつ、厚生労働省側の担当者と、協議を行い、今後の対策(抗議的活動の暴徒化を、防止する戦略)を、検討されたい。

(ニ)
 また、次いでに、去年度から(僕の:行政に対する鑑査の活動における)課題にと成っている、『(甲)生活保護を受けていながら、失踪する人が、発生に至っても、その届出、報告などを、警察に行わない自治体(福祉事務所)の問題と、(乙)被生活保護者へと、過剰な精神的苦痛などを与える工作を行っている(自殺や精神障害を、誘発する工作的活動:これは、被生活保護者を対象とする事件に限らず、あらゆる分野の人員を対象に、行われている工作)者にと関する調査(行為者が、日本人と限らず、帰化人も対象)者に付いての調査』も、検討されたく、厚生労働省側と、協議を、行われたい。

補足

 本件の問い合わせの時に、『代表電話の応対者が、不適切な対応を、行った』ので、相応の対処も、行った。

関する、法規

日本国憲法

昭和二十一年憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例(東京都 例規集

第一条

 道路その他公共の場所で集会若しくは集団行進を行おうとするとき、又は場所のいかんを問わず集団示威運動を行おうとするときは、東京都公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。但し、次の各号に該当する場合はこの限りでない。

一号
 学生、生徒その他の遠足、修学旅行、体育、競技
二号
 通常の冠婚葬祭等慣例による行事

(昭二九条例五五・一部改正)


*1 例えば、資源(鉱物、燃料、資材)などの回収が、行える文化には、本節で言う、『まっち・ぽんぷ』と、同じ手段が、使われており、その「初期に導入されるのは、宗教か、思想である」事が、解っている。本邦に、西洋の思想が、『武器』を、持ち込んだ時も、『宗教』が、同時と、成っている。これは、十八番芸に成っており、あらゆる文化でも、見られ、宗教が、Trojan horseと、同じ役割を、果す。つまり、定番の戦略。
*2 例えば、世間的に、日本国の国内に在りながらも、在日外国人の方が、有利な環境が、在った場合、それを僻む国民は、当然に、生じる。それは、「人に備わった、基本的な心理」でもあり、それらの心境を、匠に操る工作が、問題視される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-04 (月) 03:33:24 (571d)