立川市役所 管内にある朝鮮学校に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-05-15 (木) 19:58:41
  • 段階、参照:

趣旨

 立川 市役所 管内で、『学校法人 東京 朝鮮学園』が、運用を、行って、いる、『西東京 朝鮮 第一 初、中級学校』は、学校教育法 第一条に、伴う、学校と、異なり、私立学校法 第六十四条 四項に、該当する、事が、解った。

 また、『義務的教育の基準(学校教育法 第一条)を、満たせて、無い、学校で、子供が、育つ、事』は、日本国の経世済民的な観点から、想えば、「本邦(日本国)の憲法、法律に、伴う、民が、育つ、環境と、想えず、経世済民的な損失が、生じる、場合に、脅威と、成る」のだから、一般的に、懸念される、傾向にも、有る。

 よって、『()本邦の憲法、法律、及び、国際的な平等性の観点から、朝鮮系学校の廃校』を、求めつつ、『()本邦の民と、共に、義務的な教育を、受けさせる、事』を、求める。

 なお、「(う)朝鮮系の学校に、限らず、全ての外国人学校で、『二次(母国の文化、等を、教える)的な学校』の存在を、否定せず、(え)義務的教育の外で、『追加的に、学ぶ、事を、拒むには、至ら、ない』と、考えて、いるが、(お)本邦の文化や制度を、非難するような、教育(例えば、天皇制を、否定する、等。:本邦では、天皇制が、憲法で、定められて、いるが、それを、非難する、事は、違憲な行為と、想える)迄も、認める、理由が、無い」と、判断するに、至る。

  • 語句
    • 学校法人 東京朝鮮学園
    • 西東京朝鮮 第一 初中級学校

関する、課題

動向(経過)の観察

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年07月18日 現在

関する、法規

学校教育法(電子的政府

公布
 平成三十年六月一日
改正
 平成三十年 法律 第三十九号

第一条

 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。

 本条は、平成三十年六月一日 公布(平成三十年 法律 第三十九号)改正 より。

私立学校法(電子的政府

公布
 平成二十六年六月十三日
改正
 平成二十六年 法律 第六十九号

第六十四条(私立専修学校等)

 第五条、第六条及び第八条第一項の規定は私立専修学校及び私立各種学校について準用する。この場合において、私立専修学校について準用する第八条第一項中「学校教育法第四条第一項又は第十三条第一項に規定する事項」とあるのは「学校教育法第百三十条第一項の都道府県知事の権限又は同法第百三十三条第一項において読み替えて準用する同法第十三条第一項の都道府県知事の権限」と読み替え、私立各種学校について準用する第八条第一項中「学校教育法第四条第一項」とあるのは「学校教育法第百三十四条第二項において読み替えて準用する同法第四条第一項」と読み替えるものとする。

二項
 学校法人は、学校のほかに、専修学校又は各種学校を設置することができる。
三項
 前項の規定により専修学校又は各種学校を設置する学校法人に対して第三章の規定を適用する場合には、同章の規定中私立学校のうちには、私立専修学校又は私立各種学校を含むものとする。
四項
 専修学校又は各種学校を設置しようとする者は、専修学校又は各種学校の設置のみを目的とする法人を設立することができる。
五項
 第三章の規定(同章に関する罰則の規定を含む。)は、前項の法人に準用する。この場合において、同章の規定中「私立学校」とあるのは、「私立専修学校又は私立各種学校」と読み替えるものとする。
六項
 学校法人及び第四項の法人は、寄附行為の定めるところにより必要な寄附行為の変更をして所轄庁の認可を受けた場合には、それぞれ第四項の法人及び学校法人となることができる。
七項
 第三十一条及び第三十三条(第五項において準用する場合を含む。)の規定は、前項の場合に準用する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-13 (日) 12:06:13 (43d)