最高裁判所 広報課の環境に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-05-23 (金) 17:13:56
  • 段階、参照:

趣旨

 「外線から、広報課へと、繋げられる、電話の内容は、基本的に、全て、録音される」、体制を、整えられたく、それにより、『(あ)業務(公務:接遇)の品質と、(い)いたずら電話の防止(防御の体制)』を、行われたい、旨を、改めて、要望を、行う。

補足
 「本案件は、数年前から、全省庁の広報課を、対象に、要望を、行っている、内容と、成る」が、別件の問い合わせを、法務省に、行った(国 軽犯罪法の改定 日誌/進捗/平成26年度/25)、序に、再確認(「通話の内容が、録音されるのか」の確認、等)を、行いつつ、再度の要望も、行って、いる。

関する、課題

要望

最高裁判所 事務総局 広報課 広報係 - 平成26(皇紀 2674;2014)年05月23日

 御意見、ご要望を、承りました。

概要

(一)
 『(ア)公務上における、対応の品質(接遇の能力)向上や、(イ)いたずら電話の防止』、等の観点から、広報課に、問い合わせが、有った、外線は、全て、録音が、行われる、体制を、整え、られたい。

 「本件の要望は、数年前から、行って、いる」が、未だ、整備が、行われて、無い、ようなので、改めて、要望を、行う。
 また、本件の内容は、「数年前から、全省庁の広報課に、要望を、断続的に、行っている」、内容でも、ある。

(ニ)受付の処理における、方法
 問い合わせ、等の内容は、相手に、問い合わせの番号、等を、伝えて、処理を、行われて、たい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-13 (金) 05:07:15 (266d)