国 中華人民共和国による軍事的な脅威の対策

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-05-27 (火) 02:01:08
  • 段階、参照:

趣旨

 近年における中華人民共和国による、他国との国際関係、及び本邦(日本国)との国際関係においては、軍事的な観点で、脅威と成っている。

 表見的には、『中国共産党の仕業』と判断されるが、その現状における中国共産党を擁護するるのは、『(甲)日本国の自民党、(乙)並びに公明党、(丙)外に民間の企業など』で、多くが利害(安価な労働力の確保に伴う、企業側の独占的な利益)関係を主体に、展開されている。

注意
 日本共産党は、国内において戦争の反対と称する形式で、自衛隊など軍事的な組織の解体を求めている傾向に有るが、中華人民共和国などの動向を察する限りでは、「中華人民共和国などが、本邦を軍事的にと侵略を行い易いように、国内の軍事力を低減させる事が 目論みなのか」と疑え、本来での平和的観点で言うならば、「まず、中国共産党、朝鮮民主 主義、大韓民国に、非武装を求めつつ、周辺諸国からの軍事的な脅威が無い事を前提に、軍事的組織の解体を請求する」ならば、理解する。
補足
 憲法の前文すら理解するに至って無いような政党(及び各種の議員)が、「憲法第九条(だけ)を守ろう」等と主張する事には、不信感を抱く。

 よって、「国内の共産党も驚異的に感じられる」との状態にあり、且つ中華人民共和国による民族的展開などに付いても脅威に感じるので、「相応な政治の対策が必要」と思える。

 なお、「政治的な意味合いから、共産党を過剰に排他する観点も無かった」が、僕の経済活的動を想えば、「一人でも行える事を、わざわざ集団の形成を行い、無駄な活動(労力)を行い、『結果的に経済的な観点からすると、損失を生じさせている程度の活動が多い』と判断でき、「現状の日本共産党が主張を行っている内容は、一般人の誰でもが行える行為であるのだから、何も政治団体を形成する事に拘る理由が無く、その団体を形成するが為に、 不経済性が絶えない」とも想える。

僕による日本共産党の解釈

 観点的に『排除』と言うよりは、「既に本邦には、公務員制度が有る」のだから、それ以上に共産性を主張する理由が無いと判断。

 どこの議会においても、『非力な抵抗分子』と言う悪い役を行うに至っている状態に日本共産党があって、地方の自治、及び国会の議決に伴う結果に付いては、その責任が国民の個々(地方自治の議会では、所属する民)が責任を負い、その自覚を民が有する事が求められるが、その自覚の無い国民性、または、それを阻害すると言う宗教、及び政治的活動(例えば、国民に借金をさせる事で、奴隷的な労働力を求める事などが可能:つまり奴隷的な労働力を得る為に、借金を行わせる生活環境の体制)等は、本来なら憲法の前文における趣旨(憲法の前文 第二段落目)に反するとも想える。

 また、広い範囲で想えば、既に中華人民共和国は、日本国の優位性を認めており、その半面で自衛隊を軍事的な展開へと結びつける(軍事的統括性を維持する)為にと、「日本国から、中が人民共和国へと、一芝居を求めていた」との可能性も有り、「結果的に、本邦の民が馬鹿、及び(戦争の責任を果たすに至って無い)本邦の御坊ちゃま政治家達の目論見(軍事的な脅威を故意に発生させ、国民からの支持を得る:国民の不安感を煽れば、主権の政党の支持率が上がるであろう目論見など)によって生じている、消極(非民主)的経済の状態に有る」とも、判断するに至っている。

補足

 「華僑、華人も共産党と同等に、驚異的に感じており、それによる人間的関係の工作も留意する必要が有る」と判断。

 よって、華僑、華人との交流は、信仰があっても避けており、大韓民国に付いても同じ。

 尚、共産主義系の関連する企業を利用する事に付いても、その利用を止める事を検討する。

要望

  1. 内閣府内に、近隣 Asia 諸国との国交対策担当を設置
    1. 中華人民共和国
    2. 大韓民国
    3. Russia(ロシア)
    4. 朝鮮民主主義人民共和国を称する自治

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:48 (436d)