国 同性の強姦(強制わいせつ)行為に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-06-06 (金) 06:47:37
  • 段階、参照:

趣旨

 異性間の強姦(但、男性から、女性、女子への攻撃)は、法律上で、認められて、いる。

 ところが、「同性の強姦、等も、生じて、いる」が、それらは、基本的に、『(A)強制わいせつ』、『(B)暴行』、『(C)傷害』の程度に、留まる。

 また、同性が、加害者でも、『(a)性的な屈辱』、『(b)精神的な傷害』は、「強姦と、同等の被害と、成る、事」と、想える。

 よって、「同性間での強姦でも、『強姦』と、同等に、改める、必要が、有る」と、判断するに、至り、相応の要望を、行う。

調査、要望

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 平成26(皇紀 2674;2014)年04月30日

(御意見、御要望が有りました事を)解りました。  貴重な御意見を、有難う、御座いました。

概要

 強姦行為は、同性間でも生じており、男性同士、 女性同士での強姦が有るのかと想われる。

 男性同士の場合では、傷害的な感覚が強いかと 想われるが、性的な屈辱から受ける精神的な損傷 などは、強姦と同じほどで有るのかと想える。

 また女性同士の場合では、男性器を有してない との観点から、男性器の代わりと成る物を、挿入 され場合などがある。

 この場合だと、「射精による受胎が無い」とは、 想えるが、精神的な苦痛は、強姦と同等と想える。

 よって、それらの観点からも法規の改正などが 必要かと想われる。

法務省 刑事局 総務課 - 平成26(皇紀 2674;2014)年06月06日

(御意見ご要望が有りました事を)承知いたしました。

概要

 以下の場合に基づき、法改正を検討されたい。

(一)男性同士

 (甲)性器性の代わりになる物を挿入
  性的な屈辱を伴う傷害として、一般の傷害罪と区別する。

 (乙)性器の挿入
  強姦と、同等の罪。

(ニ)女性同士

 (甲)性器性の代わりになる物を挿入
  性的な屈辱を伴う傷害として、一般の傷害罪と区別する。

 (乙)処女の消失
  女子特有の性的な屈辱を伴う傷害として、一般の傷害罪と区別する。

(三)異性間

 (甲)強姦に伴う受胎
 性的、精神的な屈辱の他に、受胎の(犯罪者の子を宿す)危機を伴うのだから、罪が重い。

 (乙)女性から男性への強姦
 男性の射精(精液の排出)や性的な屈辱を与えることを目的とする女性からの性的な暴力。また、それによる懐妊を目的する行為。

 (丙)女性が精子、受胎だけを目的とする性交渉に付いて
 同性愛に付いては、昔から有る社会現象であるが、近年だと女性の同性愛者が子供を産む為だけ(受胎する為の精子が欲しいだけ)の目的で、恋愛を装い性交渉をする事が懸念されている。

 これにおける問題は、男性側からすると意図しない受胎である場合では、驚異的であり、精子の略奪にも等しいのかと想われる。

 よって、それにおける点での法整備が必要で有るのかと想われる。

 なお、本件の法改正に付いて法務省側では、刑務局、検察局、警察庁(少年課、組織犯罪)、裁判所(事件を扱う判事から得た情報)など、各省庁の代表者とも話し合ってもらい検討をされたい。

最高裁判所 事務総局 広報課 - 平成26(皇紀 2674;2014)年06月06日

貴重な御意見を有難う御座いました。

概要

 法務省側(刑事局 総務課)へ、売春防止法、刑法・第百七十七条に関する部分の法改正をと求めているので、是非に法改正に付いてを協議されたい。

 なお、裁判所においては、裁判官にて刑罰を下す時の情状酌量などの観点で、色々な情報を有しているのかと想われるので、そうした特定事件における事例を、Enquête(アンケート:質問調査)で収集してもらい、それによる資料などを基に、協議をされたい。

経過の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日 現在

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日 現在

 「(あ)条文の単語が、『強姦』から、『強制性交等』に、改まり、条文も、改正、及び、施行され』、『(い)相応の効力が、生じるに、至って、いる、事の確認を、行えた」ので、本件の課題は、『完了』と、判断。

関する、法規

(旧)刑法

※ 留意
 記載時に、施行されて、いた、条文を、明記。

第百七十六条(強制わいせつ)

 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第百七十七条(強姦)

 暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

第百七十八条(準強制わいせつ及び準強姦)

 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。

二項
 女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。

第百七十八条の二(集団強姦等)

 二人以上の者が現場において共同して第百七十七条又は前条第二項の罪を犯したときは、四年以上の有期懲役に処する。

第百七十九条(未遂罪)

 第百七十六条から前条までの罪の未遂は、罰する。

第百八十条(親告罪)

 第百七十六条から第百七十八条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

二項
 前項の規定は、二人以上の者が現場において共同して犯した第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪については、適用しない。

第百八十一条''(強制わいせつ等致死傷)

 第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は三年以上の懲役に処する。

:二項| 第百七十七条若しくは第百七十八条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は五年以上の懲役に処する。

三項
 第百七十八条の二の罪又はその未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。

第百八十二条(淫行勧誘)

 営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

刑法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第百七十六条(強制わいせつ)

 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第百七十七条(強制性交等)

 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛 門性交又は口腔 性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第百七十八条(準強制わいせつ及び準強制性交等)

 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。

二項
 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

第百七十九条(監護者わいせつ及び監護者性交等)

 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。

二項
 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第百七十七条の例による。

第百八十条(未遂罪)

 第百七十六条から前条までの罪の未遂は、罰する。

第百八十一条(強制わいせつ等致死傷)

 第百七十六条、第百七十八条第一項若しくは第百七十九条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は三年以上の懲役に処する。

二項
 第百七十七条、第百七十八条第二項若しくは第百七十九条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-27 (日) 21:48:43 (28d)