訴訟 最高裁判所 事務総局 広報課による侮辱行為に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-06-28 (土) 15:35:34
  • 段階、参照:

趣旨

 約十年前から、『行政に対する、鑑査の活動』における、観察の対象的機関と、成っており、各種の問題ごとに、色々と、改善の請求を、行っていた。

 嘗ては、『(一)職員採用試験の緩和、(ニ)裁判員制度の導入、(三)訴訟の活性化』等にも、着手を、行っていたが、ここ数年においては、防災、防犯、地方自治の活性化を、重視、裁判所の観察を、行ってない状態だった。

 先日に、各種の事案で、事務総局 広報課へと、問い合わせを、行ったが、「相変わらず、不十分な、応対だった」ので、「以前に、指摘を、行った、業務改善請求の成果が、無い」と、判断。

 また、「国民の一人と、言う、立場では、、公務員側から、侮辱を、被った」と、判断できる。

 よって、国家賠償法(電子政府Wikipedia)に基づき、損害(慰謝料などを含む)賠償を、請求するに、至る。

却下

理由

令和元(皇紀 2679;2019)年06月07日 - 提訴(請求)権の消滅的時効

 本件の課題は、「(甲)長期に、『調査、係争中』と、成っていたが、(乙)後の継続的観察や、別件からの対処により、全体的に、職員の質も、高まっており、(丙)損害賠償請求権も、消滅的時効(民法 第七百二十四条)と、成った』との理由に、基づき、自然的な却下と、成った。

補足
 「刑事の事件でも、『執行の猶予』が、用いられる」が、「事案によっては、『(乙)』の観点が、重要視され、過剰に、責任を、追求する事が、公務の改善へ、繋がるとは、限らない」と、想われる。

関する、法規

民法(電子的政府

平成三十年七月十三日公布(平成三十年法律第七十二号)改正

第七百二十四条(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)

 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-07 (金) 17:12:19 (475d)