警察庁 騒乱活動を行う集団に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-07-02 (水) 00:01:23
  • 段階、参照:

趣旨

 近年において、在日朝鮮、韓国人に対して、過剰に騒乱を仕掛ける非国民的な集団が有るのかと、判断をするに至っている。

 もともと在日問題に付いては、与党の思案であって各国の民における観点の問題では、無い。

 つまり、Elite(エリート) 等による、予めに想定をされていた光景であるのかと判断しており、その図中にと各国の民が填まっている状態で有るのかと想える。

 よって、基本的には、与党(自民党、公明党)にと責任が有るが、そうした事由を前提としても、騒乱を誘導する活動は、刑法・第百六、百七条に該当すると国民の一人として判断できるのだから、相応に排除の請求を行う。

 なお、別途で在日特権(Wikipedia)に付いては、廃止を国家にと求める。

 Vatican(バチカン:Wikipedia)、英国が喜びそうな状況です。

 ちなみに、皇室内に、Freemason(フリーメイソン:Wikipedia)等の 結社にと加担している人員が居るのかとも、疑えますけど・・・。

要望

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 平成26(皇紀 2674;2014)年07月13日

 はぁ~い♪(御意見、御要望が有りました事を解りました)。

概要

 近年における各種政治関係などの団体による活動は、敵対する相手との対抗意識が過剰に成っており、既に騒乱状態に有る。

 騒乱における判断は、刑法・第百六、百七条の判例に基づき判断が行え、既に Youtubu 等で公開をされている映像を見る限りでは、明らかに騒乱状態に有るのかと、国民の一人として想える。

 よって、適切な取締り、指導を行われたい。

 なお、生活保護を受けながら、そうした団体の構成員として活動をする人も居るらしいが、それの点に付いては、既に厚生労働省側にと、「生活保護の受給者は、不経済に値する活動への参加を控えるように呼びかけられたい」との要望を行っている。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-05 (金) 06:22:54 (235d)