国 公務員の養成学校

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-07-28 (月) 12:15:51
  • 段階、参照:

趣旨

 嘗ての日本ならば、公立高校を卒業している程度での能力が有る程度で良かったが、近年における事情は、更に高度化する状態に有るのかと想われる。

 近年の場合だと、試験の内容が論理的に高度化する割には、公益力に乏しく、現状における地方自治の衰退は、深刻化するに至っている。

 そうした状態を悪用して、同胞利己主義な宗教の団体なども、活動を活発化する傾向に有る。

 古来からの文化感(天皇制を含む)における経済的衰退の対策を検討するには、外圧からでわなく、「内部(心や精神)から洗脳する必要が有る」との判断をする海外の思想(主に、Christ 教)も、大きく影響しているのかと想われ、その為に必要とされるのが、『日本古来からの思想に関係する利益性を阻害する戦略』に有るのかと想われる。

 また近年では、仏教系も何だかんだと中東、西洋思想を取り入れ、然程 Christ 教と変わらない戦略を展開するに至っている事が多く、只単に同胞主義的な経済利益活動を、宗教を基に拡大(支配)を試みている人(教祖など)が増えている。

 そうした同胞利益の経済性に拘りの有る人員が、公務員に成れば、必ず不均等が生じて、その犠牲(予測されている自然災害の被害者を含む)者に成る民が生じる事も、以前から判っている。

 よって、不均等を解消する為に、「憲法、法規の基準が必要とされる、その観点に一般の(国家、地方)公務員が欠けている」のかと判断するが故に、公務員学校(二~四年制)の導入を想い付くに至っている。

 なお、本案件は、自治検定の試験を受けて想い付いた。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:01 (533d)