学習 Linux の(全体的)学習 LPIC-1 認定資格 

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/PC
  • 投稿日: 2014-08-15 (金) 08:43:04
  • 段階、参照:

趣旨

 Windows への過剰な依存を避ける為に学習を行うが、その視野は、広く公共への鑑査の活動にも必要とされる能力と成る。

 その理由としては、「資本力の乏しい(当然に経済性にも欠ける)とされる日本国の地方自治において、情報化する世界事情の観点から途上的な状態に陥っている」との事情があり、更に『(一)若者に魅力のない町、(ニ)高齢化、(三)限界集落』などの問題を生じている。それらの問題は、日本国における経済性の総合的観点想えば、大きな負担であって、かつ改善、開拓が行えない訳でもない。

 よって日本国憲法の前文に習い、地方の再開拓に必要とされる、今時代的な情報処理能力を得つつ、日本国における経済性の再構築へと繋げる為の学習となる。

 なお、そうして得た知識は、日本国内にと留まらず、国際的な観点でも展開する事が可能と想われ、むしろ国際的な活動への手習いと言う感覚に成る。

Linux、Debian、Ubuntu と私

 もともと昔から実験的に Linux を使っており、 Debian 3.0 の頃から、現状における Webserver でも、Debian(Wikipedia) の亜種である、Ubuntu(Wikipedia) を使っている。

 過去の一時に、LPIC-1 の試験を受けようとしたが、その当時において、既に Ubuntu を使っおり、LPIC 側では、CENTを主体にしていたことから、排他感を得て、断念しつつ、関心も薄らいだ。

 近年において、Debian、Ubuntu の観点も少しづつ適用の対象と変化しつつあることから、改めての資格習得を試みる。

学習の概要

 LPICでの資格における認定では、『(甲)無料で公開をされている教材や、(乙)無料で行われる学習会、(丙)市販で販売されている教材や、専門学校などで行われる有料の講義』など色々とある。

 私的には、引きこもり、NEETの改善に対する検討を踏まえ、無料での分野を主体に学習を進める。

甲 無料で公開をされている教材

LPIC Japan から提供をされている教材。

過去に行われた公開講座と、その資料

 本節の記載では、LPIC-1( Level 1 )を主体、又は、同等の内容に限定して、後における学習の為にと記載を行っているので、全容に付いては、LPICの公式HP(イベント・セミナー)欄から確認をされたい。

 また補足的に、Data Base(データ・ベース)関係の学習も行うが、Cloud Computing(クラウド・コンピューティング:Wikipedia;俗称・クラウド)に付いては、その方式、思想(高度な依存性と、その危険性)に問題が有ると判断しており、参考程度の学習に留める。

 なお、何回か、参加を、行った事も、有る。

乙 無料で開催される学習会


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-31 (金) 10:07:20 (270d)