国際 ASIA地域における食料と子供の発育に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-09-06 (土) 15:45:30
  • 段階、参照:

趣旨

 近年における気象の変動などから、食料が不足している地域が有るのかと想われる。

 その中でも Asia 地域(日本国内の経済活動から枠を、少し広げた範囲)において、各国の子供達が健康に成長する事にも影響する事情が生じている可能性が懸念される。

 もともと、ここ二、三十年における文化発展の乏しい途上国における事情に伴った、先進国として行われる支援活動は、主に物資の給付であって、技能、知識等の伝承にまでは、至り難く成っている。

 その伝承に関する問題では、「(一)将来に敵対する可能性が懸念をされたり、(ニ)奴隷的な観点で、長期に安価な労働者を確保する事が可能に成る(これは、憲法・前文・第二段落の趣旨に反する事が懸念される)」との部分が有る。

 途上国では、児童の労働力も習慣的(文化的な観点から家庭的)に期待されており、その部分からも、子供が早期から色々な危険にさらされる事が多い。

 また、子供の生産(出産)に付いても、問題が有る。

 よって、私は、(一)日本人なのだから、(ニ)日本国の憲法に習い、(甲)Asia地域における食糧の問題に付いて確認をする理由が有り、(乙)既に懸念されている部分に付いては、日本の御菓子製造会社にと協力を求める。

補足

 本件の課題は、悠仁親王(Wikipedia)殿下の誕生日における写真を見て、想い付いた課題である。

  • 平成26年09月06日

参照の法規

日本国 憲法

前文 第二段落

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する

前文 第三段落

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

前文 第四段落

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:05 (436d)