国 平成26年度 NEET対策

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-09-08 (月) 14:07:14
  • 段階、参照:

趣旨

 まず、『(一)本当の NEET(Wikiepdia)と、(ニ)日本国で一般的に呼称される、NEETの区別』を明確にしつつ、対策(要請)の焦点を確定する。

 ついで、日本国内で生じている問題の解消を試みる。

 また、本件の現象は、既に『 倫理性の向上における飽和が原因であり、世界的な規模で生じている問題である 』と、私的に判断している。

 彼らは、本当に『 (甲)仕事をせず、(乙)何も学ばず、(丙)公共の福祉に対して協力をしてない 』のか等を確認する

 そして本件の課題は、日本国・憲法・前文・第二段落、及び第四段落に習いて、活動をするのであり、それを過剰な個人の正義感で逸脱しないようにと心がける。

 なお、一般の若い人にも解かりやすく、かつ世界的な観点でも解かり易くなるようにと、Animation(アニメーション)、GAME Play の感覚で進めるが、それに対する世間的な軽蔑(軽視)を受ける危険性も有るが、それを覚悟して取り組む。

調査

確認の事項

  1. 就労の義務違反
    1. 違憲 - 日本国・憲法・第二十五条

関連する、法規

日本国 憲法

第二段落

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第三段落

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

第四段落

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:05 (436d)