国 裁判官の選定における自由

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-12-07 (土) 13:34:12
  • 段階、参照:

趣旨

 近年の裁判官は、個人的な思想の思い入れが強いと感じられる。

 例えば、同じ事件でも、別の裁判官であれば、異なる見解も有るのかと想われる。

 また、宗教や社会思想などの観点による影響なども大いに問題視をされる。

 そもそも裁判官は、司法試験を基に共通的な国家の憲法、並びに法律などの規範を根源に、審判される。

 ところが近年では、Christ 教や、何だかの宗教的、政治的などの影響も強いのかと想われ、そうした判決は、昔から問題視をされている。

 裁判官による『法を基に平等』との観点でも色々有るが、国民側の利用的な観点を想えば、「籤引きの如く、裁判官が選定され、裁判官の性格に基づき判決が左右されるのは、利用者の敗訴に限らず、法治に対して失望する原因にと成り得る」のだから、それらの防止を兼ねて、『裁判官を自由に選定をする事が行える制度を国家に求める』ことを検討する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:05 (442d)