国 Microsoft(マイクロソフト)社製品の購入、利用に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-10-05 (日) 17:12:23
  • 段階、参照:

趣旨

 Microsoft(マイクロソフト)社の製品は、防犯性に欠如の有る商品として販売される傾向に有る。

 また、それによって改めの保守に関する費用が膨大に必要とされる事が問題視をされる。

 しかし、Software(ソフトウエア)の脆弱性や欠点を探し出して悪用する輩が居るのも事実であるが、逆に、それらの存在を悪用して製品宣伝を行っているのかとも判断するに至る。

 例えば、戦争において相手を悪だと兵士に想い込ませる Mind Control(マインドコントロール)が必要とされ、正義と悪の認識で争うが、米国の場合だと、「もともと القاعدة‎(Al-Qaeda:アルカイダ)は、米国などが作った軍隊で、結果的に米国と対戦する部隊と表見に成るが、「人類的な規模で想えば、都合よく双方で口減らしが行えてる合法的な手段( War Game を行う手段 )」として、悪用されているに過ぎず、Microsoft社の製品にも、その性格が良く出ているのかと想うに至る。

 また今時代において、Linux も有る時代を迎えており、Microsoft社の製品に拘って購入をする理由が無い。

 よって、米国の石油燃料に変わる営利戦略としての活動が主だと想える Microsoft社の製品販売における日本国内での展開に付いては、近年だと過剰(行政機関で過剰に取引されている状態)だと判断でき、それによる弊害も大きいのかと判断できることから、その OS 等の製品を購入することを、安易に各種行政機関が検討しないようにと求める。

 なお、今回の件に関する起案は、認証関連における部署で不適切な応対があった事に由来する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:14 (437d)