防災 平成26年度・自衛的な減災強化の月間

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/自衛
  • 投稿日: 2014-10-08 (水) 10:17:50
  • 段階、参照:

趣旨

 現状の日本国において、防災意識を高める事が必要とされているが、最悪な事態を想定しての準備が、危機管理上で求められる。(発生する可能性の有る最悪なな事態を想定して準備していれば、それが生じない限り、減災率が高い準備を整えている事に値する)

 日本国の気候などから最悪なのは、冬の時期における大規模な災害であり、それの対策が求められるのかと想われる。

 また10月であれば、気候的に余裕が有るので、紅葉の季節や自然を楽しみながら野営などを含む訓練などの時期としては、ちょうど良いのかと想われる。

補足

 ここ数年において江戸時代の文化を自衛的な観点から独学で調べているが、「大規模な震災が発生した場合において、文化的な状況としては、江戸時代程度の生活状況に陥る(電気、水道、GUSなどの供給が然程に無く、電子的な生活環境も無い時代と同じ生活環境)」のかと想われ、そうした時代であっても、北海道などを開拓した人達までも居る程の文化を経て現代が有るのだから、それを学ばないのは、現代(日本)人の怠慢である」との観点で学んでおり、現在だと''部屋着も浴衣(ゆかた)、甚平(じんべい)、作務衣(さむえ)等を用いて、現代的な季節ごとの体感を確認しながら着物の効果を確認しながら、過去の文化を想って過ごしている。

対策の課題

  1. 水道、電気、GUSの供給
    1. 断水
    2. 通電
    3. GUS
      1. 二次災害と成る火事の防止
  2. 保健、衛生
    1. お風呂
  3. 食料品の確保 - 既に確保されている物の賞味期限を確認する事を含む
    1. 水(飲み物)の確保
    2. 食品の確保

公共的な対策

  1. 安全の確保
    1. 基本的に大規模な震災が発生した場合、その時点で居る自治区を離れない事を国民に促す。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:14 (649d)