立川市役所 平成26年度、ごみ減量対策に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-10-21 (火) 09:13:46
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市役所(自治体)の管轄下では、ごみ焼却炉などの問題から、ごみ減量に付いて、取り組んでおり、一般の消費において「ごみも、購入するに至っている」と言う感覚から、『過剰な包装』等が、問題視されている。

 また、立川市役所(自治体)では、異文化共生に関する意識が、強く、その割に、国際的文化感での『ごみ問題』と言う意識には、劣っている。

物を購入する時に、『ごみ』も、買っている
 「物を、買えば、『ごみ』が、出る」との感覚が、世間的構成から常識に、成っている。
海外の事例
 『ごみ販売』を、行わないよう、企業側の努力が、活発な事も、多く、『ごみ』と成る部分の生産率を、低下させる事で、ごみ本体の発生を、抑制する傾向に、有る。
解説
 「(甲)日本国における『ごみ排出量』は、世界的規模の比較でも、多く、(乙)特定の自治区における、ごみ減量対策が、成果を、上げても、産業側で、社会的責任を、果たすべく、『ごみ生産を、抑制する製造の対策』が、行われてないと、ごみ発生を、防げないのだから、(丙)民による、ごみ購入を、避ける観点と、『ごみ』と成る部分の製造を、行わない企業の社会的な責任(CSR:Wikipedia)を、前提とする意識が、求められる」のかと、想われるので、それらを「立川市役所が、どのように受け止めているのか」を、調査する。
  • 世界的規模での比較
  • 在日外国人への理解

関する、課題

終了

理由

平成30(皇紀 2678;2018)年04月25日 現在

 本件の課題は、「(あ)立川市役所の管内における事情は、『立川市役所 平成28年度・ごみ事情 - 日誌/進捗/平成29年度/99』で、引き継ぎ、(い)国際的な観点(各国の文化感)で、問われる、製造の段階で、ごみ発生を、抑制する件は、『国 ごみ、公害を発生させない産業 - 日誌/進捗/平成30年度/84』で、引き継ぐ」ので、本件を、移行的な終了と、する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-09 (日) 14:27:05 (45d)