国 在日中国人の規制、並びに華人への警戒

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-12-01 (月) 12:28:53
  • 段階、参照:

趣旨

 近年において、在日外国人による、違憲、違法な活動が、問題視されている。

 なかでも、暴力団、組織犯罪などの連帯性から、華人を、含めて、問題視されている。

 よって、「相応な規制(主に、入国の規制)が、必要で、有る」と、想われる。

補足 その弌

 現状における、中華人民共和国の共産党を、支えている、日本国の政治的団体は、自民党、公明党であり、挙句の果てに、「人間関係工作にも、人員の起用を、行っている」と、判断。

 他にも、労働力を、得る時には、各政治団体の構成員が、関与を、行っていると、想われる。

補足 その弐

 「指定暴力団との癒着も、問題視され、暴力団、小規模な犯罪組織との関係が、有る」と、判断する。

 そもそも、なぜ故に、各指定暴力団が、在日を、贔屓するのか、不思議に、思っていたが、『 風俗嬢 』の導入から、それへの手付(相手を、孕ます:妊娠させる)等に、伴い、誕生するに、至った、子供(子孫など)が、原因の一つに、有るとも。判断。

 なお、「 élite (エリート)(行政)側は、それら等の予測が、行えた状態で、国政的な観点での入植を、許可するに、至っている」と、想われる事から、『在日外国人による、不良の発生は、予めに、予測されていた』(計算されていた)とも、経世済民的な観点では、想える。

補足
 「入植による、外国人の反政府活動は、国際的にも、問題視されている」が、第二次世界大戦後の国際的事情では、『(A)故意に、外国人の入植を、行わせ、(B)その子孫に、反政府意識を、植え付けつつ、(C)自国の民に、愛国心を、煽る』との思想的戦略が、見られる。つまり、「(a)国政側は、政府が、愛国心を、煽らなくても、(b)在日外国人の侵害を、一般人が、許す理由も、無く、(c)それによって、自然的に、民の愛国心を、煽れる」(人体の免疫的効果と、同じ:僕の経世済民的な観点では、「人体的医学で、言う、『大腸菌と、身体の関係』と、説明する事が、有る)との戦略は、どこの先進国でも、見られる工作で、近年での本邦では、更に、「 Freemasonry による、仏教系の印象を、悪くする工作」が、展開されていると、判断するが、その後に、「神道への批判も、準備されている」とも、判断するに、至っている。

傾向の観察

集団の活動

令和元(皇紀 2679;2019)年07月05日

 年々に、「活動が、活発化するに、至っている」(悪化するに、至っている)と、判断。

 特に、『(弌)(似非)民主系(主に、似非 Christianity 系:台湾、上海系を、含む)、(弐)法輪功系』は、警戒が、求められ、暴徒の形成が、危険視される。

 よって、入国の規制は、必要と、判断。

 なお、「天皇制に、反対する」との観点では、「違憲、違法に、該当する」のであり、「反政府活動にも、該当する」のだから、本邦へ、入植、入国を、許可する、理由も、無く、それを、継続させる理由も、無い。

補足
 Freemasonry の工作で、『王政と、大衆性』を、争わせる工作が、国際的に、展開されている事は、解っており、主に、Χριστιανισμός(キリスト教)Catholic(カソリック)Protestant(プロテスタント))による、二元化で、攻撃を、行い、基の文化を、駆逐する事が、知られている。
留意
 国教に、Χριστιανισμός(キリスト教) 系を、建前に、軍備を、他国へ、配置を、行いつつ、正義の語り、標的の文化へと、侵攻、殺戮、Effective Control(実行的な支配)を、試みる傾向に、有る先進国は、意外にも、多く、途上的な国でも、見られる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-05 (金) 07:16:15 (235d)