警察庁 性介護と風俗店の違いに付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-02-17 (月) 20:22:50
  • 段階、参照:

趣旨

 近年、障害者(主に、脳性麻痺者)が、対象と、成る、『性介護の活動』が、徐々に、広まって、いる。

 「初期に、医療の介護から、認識が、広まった」が、その利用に、『(A)相応な代金を、払い、(B)一般の風俗店と、然程に、変わらない、性的 Service(サービス) を、受ける、事を、前提とする、業』との事から、『(a)医療』か、『(b)性風俗的な業』か、疑問視された、部分が、有る。

 また、(a)、(b)の分岐点に、「利用者は、自慰が、可能か」が、有る。

 更に、『(Ⅰ)対象者が、男性に、限られ、(Ⅱ)女性側の性を、平等的に、扱って、無い』とも、感じられる。

 よって、『(甲)行為における、商的な取引が、行われ、(乙)性介護の名称で、男性(利用者)が、射精か、性的な快感を、得る、事を、目的に、何だかの行為を、行い、(丙)専(もっぱ)ら、その労働だけによって、収益を、得て、いる』との状況では、『介護と、認め、難い』と、国民の一人と、言う、立場で、思うに、至る。

 尚、『医師、看護士、等の医療系資格を、有する、者』が、「相応の医学的な検知に、基づく、性的介護の判断を、行う、場合においては、問題が、無い」とも、想われるが、『実態的な調査を、行い、難い、事』、等も、有り、後の判断を、『(ⅰ)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、(ⅱ)性風俗関連特殊営業』の観点から、警察庁に、委ねる。

調査

前提
 私が、独自に、行った、調査の内容は、未公開。
補足 令和02(皇紀 2680;2020)年08月31日 現在
 「当時に、どのような調査を、行ったか」を、明確に、覚えて、無い、、、w

要望

厚生労働省 - 平成26(皇紀 2674;2014)年02月18日

 ご意見、ご要望を、承りました。

 なお、厚生労働省では、『男性の自慰における、介護』に、性的な営業の活動を、介護と、認めて、いません

要望

 「医者、等が、医学的な根拠に、基づいて、活動が、行われて、いる」ならば、解るが、「従業員に、看護の資格、等を、有する、者が、居ても、『(A)医者では、ない』のだから、『(B)医学的な根拠に、基く、処方に、基づく、介護』(介護師、等の)と、言え、ない」と想われる。

 よって、「医学的な根拠が、無い(医者からの診断書、介護に、関する、指導書、等に、基づく、根拠、等が、無い)限りは、介護と、認める、理由が、無い」と、判断する、事を、求める。

 なお、本件は、性風俗営業とも、判断でき、『(a)警察庁の担当者と、協議』を、行い、『(b)行政による、判断の基準を、定める、事』を、検討されたい。

補足
 男性の顧客に、限られた、業務は、『性的な蔑視で、ある』とも、想える。

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 平成26(皇紀 2674;2014)年02月18日

 ご意見、ご要望を、承りました。

要望

(一)
 医学の根拠(医師の診断、処方、介護の指導)が、無く、障害者を、対象とする、性介護の業務は、『性風俗営業で、ある』と、想えるので、規制の緩和を、請求された、場合、「医学的な根拠が、無い、限り、それの許可を、行わない』と、判断を、行う、事を、求める。

(ニ)
 『(あ)医学的な根拠や、(い)判断の線引き』は、厚生労働省の担当と、協議を、行う、事を、求める。

(三)
 なお、男性の顧客に、限られた、業務で、『性的な蔑視で、ある』とも、感じられる。

(補足)
 本件に付いての介護や性に、関する、専門の知識者から、意見を、確認されたく、例えば 、飯野 由里子 女史(Wikipedia)、等からの意見も、参考に、されたい。

経過の観察

YouTube

令和02(皇紀 2680;2020)年08月30日 現在

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-02 (水) 13:55:05 (330d)