国 Amateur 無線極における非常通信の有り方に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-02-19 (水) 20:40:32
  • 段階、参照:

趣旨

 予定では、初夏から生じる集中豪雨時期の前に、取り組む事に成っていたが、大雪などの関係から、早期にて対処を、行う。

調査、要望

 Amateur(アマチュア)無線業務と行政のあり方に付いてを、論理的な形付け等を行うように要望を行う。

JARL( 日本 Amateur 無線連盟 :社団法人) 非常通信 Center(会員部業務課の課長が、責任者を兼務)

前提
 現在、JARL事務局では、今回での大雪に伴う非常通信の必要性を前提とする地方支部への連絡は、行っておりません。

 ご意見、ご要望を承りましたので、検討をさせて頂きます。

  • 平成26(皇紀 2674;2014)年02月19日

要望

(一)
 全国的に大雪による被害(市町村の孤立など)が出ているが、非常通信の必要性を踏まえ、その準備体制を整えて欲しい等の連絡を地方支部に対して行われたい。

(ニ)
 市町村自治とAmateur局で、非常通信に関する連帯活動を行っている情報などを、機関紙にて紹介をされたい。

(三:補足)
 新しく設置された HP の表紙に記載をされている、Mail Address は、平打ちとなっており、Spam MAIL 等の標的とされる可能性が高く、今時代の Security としては、好ましく無いとの説明を数年前から行っているが、改まっていないが、それらを改められたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-26 (水) 03:43:20 (420d)