防犯 Amateur 無線を用いた活動の活性化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/自衛
  • 投稿日: 2014-03-07 (金) 19:51:52
  • 段階、参照:

趣旨

 Amateur無線を防犯をも兼ねる通信訓練として利用する事を検討する。

 なお、本件の企画における期間は、年末(12月31日)までの無線有用を対象とする。

手段

課題

QSO(交信)

 交信では、相手局と情報交換が対話的に可能と成るが、時間を要する。

  1. 非常通信の活動に付いて
  2. 交信証の発行
    1. Patrolを兼ねた移動(御散歩)運用を求める言葉を添えて発行する。 

SWL(傍受)

 QSO(交信)と異なり、傍受(受信活動)に留まる関係から、相手との対話が無いが、受信証を発行する関係から、それに言葉を添える事が可能である。

  1. 受信証の発行
    1. Patrolを兼ねた移動(御散歩)運用を求める言葉を添えて発行する。 
      1. 04月から防災の文面だけにと変更 - 日誌/進捗/平成26年度/43

電信

 電信の通信では、主に Morse(モールス:Alphabet)を用いる関係から、過剰な対話的通信が難しく、主要な用件(非常通信に必要とされるであろう情報の送信が行える程度)の交信、受信では、交信証、受信証の発行には、SWLと等しく、相応の言葉を添える程度に留める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-26 (水) 03:54:53 (638d)