警察庁 女性店員の身体露出が過剰と感じられる飲食店に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-03-15 (土) 23:06:40
  • 段階、参照:

趣旨

 近年、Sports Bar、等で、『(A)女性従業員の服装が、日本の文化的な性的観点から、想えば、露出が、過剰だ』と、感じる。

 外に、『(B)Hooligan(フーリガン)達の溜り場と、成る、可能性』も、懸念される。

 よって、『(あ)Sports Bar を、風俗店の扱いで、対処を、行う、事が、好い』と、想え、『(い)Game CENTER(ゲームセンター)と、同等に、「(ア)営業の時間、(イ)年齢』の制限、等の設置も、必要』と、判断するに、至り、相応の要望を、行う。

  • 語句

要望

警察庁 広報課 - 平成26(皇紀 2674;2014)年03月05日

 ご意見、ご要望は、承りました。

概要

 「近年、Sports Bar、等に、若者が、集まる、傾向に、有る」が、それらに、Game CENTER、等の扱いと、同じく、『(ア)、(イ)の設置』(規制)を、検討されたい。

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年09月23日 現在

 YouTube、等で、確認を、行う、限り、本邦の『(A)、(B)』は、紹介されて、無い。

 よって、「相応の効果が、有った」と、想えるので、『完了』と、判断するに、至る。

関する、法律

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(電子的政府

公布
 令和元年六月十四日
改正
 令和元年 法律 第三十七号

第一条(目的)

 この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

第二条(用語の意義)

 この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。

一号
 キヤバレー、待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業
二項
 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた営業所内の照度を十ルクス以下として営むもの(前号に該当する営業として営むものを除く。)
三号
 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの
十三号
 この法律において「接客業務受託営業」とは、専ら、次に掲げる営業を営む者から委託を受けて当該営業の営業所において客に接する業務の一部を行うこと(当該業務の一部に従事する者が委託を受けた者及び当該営業を営む者の指揮命令を受ける場合を含む。)を内容とする営業をいう。
四号
 飲食店営業(設備を設けて客に飲食をさせる営業で食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)第五十二条第一項の許可を受けて営むものをいい、前三号に掲げる営業に該当するものを除く。以下同じ。)のうち、バー、酒場その他客に酒類を提供して営む営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く。以下「酒類提供飲食店営業」という。)で、午前六時から午後十時までの時間においてのみ営むもの以外のもの

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 19:12:32 (21h)