経済産業省 KNOPPIX(Linux)の普及と広報に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 却下
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-03-19 (水) 15:35:18
  • 段階、参照:

趣旨

 WindowsXP の製品保障が終わる関係から、公的機関で使われている PC における O Sの管理が問題視をされている。

 また、Linux への移行なども重要視されている事から KNOPPIX の存在も重要視される。

補足

 本件の課題は、総務省の案件に関連している部分が有る。


 独立行政法人 産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門(公式HP)で扱っていると想われるが、過去に数回問い合わせを行っており、その都度に、KNOPPIX に付いて聞くと「何のことだか解からない」との返答が返って来る。

 もともと問い合わせた原因は、『(一)Version Up が行われる都度に、HP が変わり、(ニ)最新 OS の Download が行えなく成っていた 』ので、それに付いての確認であった。『(甲)Microsoft(Judea系) と連帯した陰謀とも想え、(乙)原型を German 人が開発している等の関係から、(丙)それへの Negative(ネガティブ)活動』なのかとも思える。

 そうした応対が、長期の観察においても改まらないので、同研究所で開発されている KNOPPIX の使用は、断念する。

 よって、本件における研究開発費に関しては、国からの援助を受けている可能性があり、その部分に付いて無駄かと判断できることから、研究費の削減を国側の該当機関にと申し出る。(既に事情は、伝えている)

 なお、筑波大学(Wikipedia)に対して国からの補助金、支援金などは、過剰に成っているのかと想われる節が多く、それへの適正を図る必要が有るのかと判断するに至っている。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:23 (442d)