国 火山活動の対策

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-03-28 (金) 16:31:56
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国の領土は、火山によって形成されている事に 付いては、義務教育課程で習っている通りである。

 ところが、それによって生じる被害などに付いては、 あまり明確にされてない。

 よって今後における火山対策の検討が、必要とされる。

  1. 富士山
  2. 群馬県・草津白根山(Wikipedia
    1. 平成26年06月03日付けで、気象庁から、小規模の噴火を発生させる可能性があるとして警戒を呼びかけている。
  3. 小笠原諸島・西之島
    1. 平成26年06月11日付けで、気象庁から、噴火の可能性があるので、「火口周辺警報(入山危険)」を公表。

調査

 現状で一般的に知られている注意手は、以下の通り。

  1. 火砕流
  2. 火山灰
  3. 溶岩
    1. 花こう岩
    2. 玄武
  4. 有毒の気体発生
    1. 呼吸器や肺を冒す事がある。
      1. 幼児、老人
  5. 火山弾
  6. 土石流

 他にも、平行して留意する必要が有るのは、以下の 点である。

  1. 天候
    1. 日照の問題
      1. 農作物への影響
      1. 火山灰に水分が加わると重量が増え、建物が倒壊する事もある。
      2. 亜硫酸気体と雨が結合すると、目や皮膚、粘膜を火傷する事がある。

予めに想定される被害

  1. 交通機関の麻痺
    1. 道路
      1. 高速道路
      2. 国道、都道府県道などの本線
    2. 電車
      1. 一般路線
      2. 新幹線
    3. Linear Motor 線
  2. 航空路線
    1. 一般旅客、貨物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:23 (442d)