国 防災の対策を強化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-03-28 (金) 18:15:02
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国は、地形等の関係上、常に、自然の災害を、被る可能性が、有る。

 近年では、気象穂変動などから、想わぬ自然の災害(天候によるものを含む:大雨、暴風)等も、問題視される。

 また、現状における内閣府(Website)を、介する情報は、『 生還 』を目的 とされた内容とされておらず、「仮に、生き残れたら、救助(救済の支援)を、行います」と、言うような情報だけ、提供されている。

 例えば、『(一)食料の備蓄、(ニ)非難場所の確認、(三)家庭内人員との連絡方法』 等の程度が、一般的に、知られている。

 よって、『大規模災害が、発生するに、至っても、生還する事が、可能と、成るような護身の情報が、提供される事』を、国家へ、求める。

 なお、『(あ)諸外国の民では、軍事的な訓練を、経た後に、護身術を、著作する者が、居り、更に、日本語へ、訳されて、国内でも、販売されているが、(い)日本国でも、一般の国民へ、自衛隊の訓練に付いて、理解する事を、兼ねて、広く、一般人に生還術、護身術を、ある程度の範囲で、公開する事』も、求める。

確認、要望

防衛庁 大臣官房 広報課 - 平成26(皇紀 2674;2014)年03月28日

 防衛庁の Website では、自衛官による Survival(サバイバル) 訓練の内容は、現状だと、公開を、行っていません

 また、内閣府に、設置されている防災対策においては、一般国民向けの防災情報が、提供されています。

 御意見、ご要望が有りました事は、承ります。

概要

 秘匿。

要望

内閣府 総務部 - 平成26(皇紀 2674;2014)年03月28日

 御意見が、有りました事は、当方でも、承りましたが、防災の担当が、有りますので、そちらへと、直接に、詳細を、御伝え下さい。

概要

 (ア)防衛庁の Website に、自衛隊の生還訓練における内容の公開を、行い、(イ)内閣府 防災担当で、管理されている Website には、防衛庁側の該当頁へと、誘導( Link を張る)等を、行われたい。

 また、その点に付いては、防衛庁の担当者と、協議されたい。

内閣府 防災担当(政策統括官) - 平成26(皇紀 2674;2014)年03月28日

 貴重な御意見を、有難う、御座います。

概要

 今回は、(一)自衛隊で、行われている、生還訓練( Survival Training )の内容や、野営訓練の程度ならば、Website を、使って、動画などの形式で、公開を、行い、『(甲)自衛隊の訓練と、(乙)国民の個々に、課せられている、自衛の概念からも、護身術情報の提供を、兼ね』、(ニ)既に、内閣府の防災担当(政策統括官)側で、管理されている Website には、『(丙)災害の発生時に、生還する為の護身術情報が、提供されている Website 等へ、誘導(Link)する事』を、検討されたい。

 本件に付いては、防衛庁側の担当者とも、協議されたい。

国民の動向

観察例

令和元(皇紀 2679;2019)年05月04日 現在

 近年では、多くの女性が、一人で、野営を、行う事例(動画の公開)が、増えており、更に、他の一般女性や男性も、触発されて、野営を、展開する機会が、増えている

なぜ、増えているのか
 本(漫画、雑誌を、含む)で、女性が、単独で、野営や登山を、行う事を、勧める物に、関心を、示す傾向に有る事が、原因と、判断。

結語

経世済民的な評価

令和元(皇紀 2679;2019)年05月04日 現在

 政府(行政:国家)側が、過保護な感じにと、活動を、行わなくても、民が、自発(行楽を、介する形式で、野営を、学ぶ事:自衛)的に、活動する状態は、凄いと、想える。

+  YouTube

 背景には、『(A)大型の地震、(B)天候に、関連する、被害』等と、『(1)その情報、(2)防御、減災の情報』が、適切に、拡散される環境による、(情報化社会の)影響だと、想える。

 逆に、『情報を、得る事が、行えない場合は、相応の危険度が、高く、成る』とも、想えつつ、「宗教や思想など、意識の操作等により、過度な隷従(れいじゅう)(本邦では、違憲)から、自衛的意識や、自衛の知識を、得る事が、阻害されている人も、居るのが、現状だ」と、想われる。

 よって、一般人による、努力も、自発的に、展開されている事が、解ったので、本件の課題を、完了と、するが、「流行性よりも、継続性が、求められる」ので、後に、経世済民的観点から、改めて、戦略的展開が、求められる(課題と、成る:例えば、義務的教育に、加える等)事も、生じる可能性は、有る。

 なお、憲法に、伴う、平等性を、想えば、違憲な思想や宗教を、排除するのは、急務と、成る。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-08 (水) 22:15:08 (287d)