減災 平成26(皇紀 2674;2014)年度03月、非常通信の訓練

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/防災
  • 投稿日: 2014-03-29 (土) 09:47:14
  • 段階、参照:

趣旨

 平成26(皇紀 2674;2014)年03月29日 20:30~21:30 に、全世界規模で消灯活動が行われる。

 その時間に非常通信を兼ねる通信訓練を行う。

 なお、QSL Card(交信記録証) には、「一時避難場所での移動運用を促進中」と言葉を添える。

無線環境の設営

 今回は、平成26(皇紀 2674;2014)年03月29日 20:30~21:30 での短時間運用として、以下の通り。

  1. 半固定環境
    1. 予めに設置を行わず、平成26(皇紀 2674;2014)年03月29日 20:30 から設置を開始する
      1. 通信開始までにおける『(あ)環境の確保、(い)無線機の調整』などの訓練を兼ねる。
      2. Antennaは、大型の物を使う。
  2. 省電力(5W以下)での無線環境
    1. 蓄電池での運用
      1. 主電源として、無線機に付属されていた蓄電池を使用 - 性能の確認
      2. 予備電源として、減災用の蓄電池 - 自由な研究/防災/装備を参照
  3. 使用する周波数(MHz)
    1. SSB(USB、LSB)
      1. 3.5、7、21、28
    2. SSB(USB)、AM、FM
      1. 29、50、145、430
  • [通信の条件]
    1. CQ(呼出)は、各形式(Mode:モード)で、5分間未満)
      1. 名前、住所、RS(信号強度、受信音声の了解度)交信の主体とする
      2. +QSLを発行する。

目的

(一)  省電力の環境から、短時間で通信相手を呼び出しつつ、 最低限度の必要な情報を交信する。

(ニ)  半固定用の大型 GP Antenna (PC-6)の緊急設置、 及び撤去の訓練。

(三)  新規無線機(FT-817)の性能を把握する。

 (甲)無線機の取り扱い(操作方法の確認)    ・全周波数での性能    ・各形式での性能

 (乙)受送信の感度

 (丙)他の機能


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-05 (日) 03:22:32 (513d)