立川市役所 人間関係工作に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-01-11 (土) 14:59:35
  • 段階、参照:

趣旨

 僕の経済的活動では、政治、倫理(防犯)や過剰な利己主義の抑制なども兼ねている事から、人間関係工作などの被害は、以前(八王子市役所の管轄下で、居住を行っていた時)から受けている。

 今回は、宗教、政治(思想)などの関係や異国からの問題などを含め、工作的活動を迎撃する活動( Spy Counter ) を兼ねた対策で、迎撃を行う。

 これまでは、観察の程度で済ませていたが、その結果における「僕の日常における被害は、大きい」ので、やもえず正当的防衛(反撃、迎撃)を行う。

 この主張を持って、これまで『的』と称する融和を求めていた相手への意識から、『敵』との認識で排除の活動へと切替える事を意味する。

 なお各手段は、日本国の憲法及び法律などを逸脱する事が内容に努力する。(が、僕は、ゆるい人なので、現行の敵方と同等に、『犯罪とされない範疇(不法行為を行っても、裁判にて有罪と認められない範疇:正当的防衛による殺傷が認められる範囲:刑法)』での対応をを意味する)

調査、及び経過

平成26(皇紀 2674;2014)年度

 八王子での在住中は、指定暴力団による色々な攻撃があったが、立川市役所の管轄下では、宗教や政治、警察などの公務員を含めた人間関係工作が生じている。

宗教団体

 基本的には、同胞にならない、及び敵対者には、精神的な攻撃を与える。

 また、相手が精神的に衰弱した頃を見計らって、入信の勧誘を行うこともある。

 更に、敵対者の死亡を望む場合は、その確認が行えるまで攻撃が続くが、相手の敵対心が薄れる事により、攻撃の度合いも変化する傾向に有る。

 ちなみに、Christianity(キリスト教) 等では、多文化共生と称するが、Christ 教のみが、優位に共生する国際的展開が多く、且つ 仏教系では、China、Korea 等が国内で Christ教よりも、一般の国民に受け入れられ易いと言う観点から、「仏教徒なので、信頼を下さい」との意識で、国民と人間の関係を深める傾向に有る。

 ところが、そうした表見的宗教信仰の背景で、不正な送金や、同胞の援護を行う為の工作を行う等の活動も行われていた傾向に有る。

>観察の対象

  1. 主に在日系の宗教
    1. 創価学会
    2. 統一教会
    3. Jehova(エホバ)の証人

など。

政治団体、暴力団

 意外だったのが、政治の団体と指定暴力団による手口には、然程に変わらない。

 また、政治団体側で指定暴力団を使う場合には、足が付く場合も有る関係から、在日、宗教団体の人員を工作員として使う傾向にあって、または、在日外国人の工作だと想わせたり、国家側による工作も酷い物である。

 特に、China(中華人民共和国)、大韓民国に関しては、帰化人を含め、指定暴力団の構成員と成っている場合が多く、特定地域を支配する為に人間関係工作に着手する傾向にある。

 ところが、政治的な観点で密約が有るらしく、特定地域での外国人における植民地を、許す傾向に有り、国民の意思に関係なく、『異国の街』と化する地域も在る。

推測
 只単に権力者が、「支配下に成らない国民よりも、異国民を奴隷化する方が、崇められ易く、その二世、三世には、義理として政治的な支持が継続される傾向に有る」と言う事を目論んで展開されていると想われる
権力者の子孫(血筋)
 在日外国人は、「日本人の指導者を選ぶ事により、優位性を保つ」との戦略的観点か多いようである。

 

観察の対象

 観察の対象意外は、特に政治団体としての活動効力(脅威)が無いとして、観察しない。

  1. 似似非民主(実質的には、社会主義)
    1. 公明党
    2. 自民党
    3. 民主党
  2. その他
    1. 共産党

 「指定暴力団の観察は、街中でのようすを観察する程度に留まる」が、政治の団体を観察する方が、経済性での観点から、一連的な流れで指定暴力団も動くので、観察における効率が良い。

行政

 各種の行政機関には、各宗教団体が主体に成り、運営する傾向に有る。

 各種の機関で、主体となる宗教の団体が、各々で異なる人事的戦略(人事の人材を、確保する事で、自己の宗教に優位と成る人選の配置を可能とする傾向)に基づき、展開されていると判断。

立川市役所
 福祉(社会福祉協議会を除いて)、教育、政策、警察、消防などの各種分野に分けて、どの宗教、政治の団体が仕切りつつ、人事的にも、優位な地位を継続的に確保されている状態。
補足
 観察すると、(自治体における福祉:本節での対象は、立川市役所、及び東京都、並びに厚生労働省)行政の動向も解る。

 また、『社会福祉協議会』などの機関でも、宗教や政治の動向が観察できる。

結論 - 平成26(皇紀 2674;2014)年06月05日

 基本的に、(立川市役所の自治、及び中域では、多摩の地域において)宗教、思想が要注意の分野と成り、特に外国人によって形成される在日系の宗教や、海外交流が深い宗教、思想、政治の団体には、注意。

理由
 我が国(日本国)の憲法における倫理性では、宗教の教えを建前とする倫理性を強める傾向があり、憲法の前文すら健忘する公務員によって、国民へ説明が行えない国家、地方の行政の現状が有る。また公務員は、只単に労働者、Robot (ロボット)と言う感覚(状態)にあって、民との信頼性は、民間での企業における労働者と、ほぼ変わらない事から、政治や宗教に悪用され易く、警察、消防や、自衛隊などは、要注意である。逆に、「憲法、及び法律を、民による理解の基で従ってもらう、または、不服が有るのならば、正当な手段で、その旨を申出る事」と、『立憲的な倫理性の助長、並びに請願権、及び陳情、苦情、意見の申立ての方法』を、適切に国民へと知らせる義務*1が有る。ところが、公務員側の過剰労働をにより、憲法を盲目化を政治的に試みつつ、そのような状態になれば、「志の弱さから精神が病む事もありうる」が、その時にこそ「宗教が必要だ」とばかりに、入信の勧誘を行って、同胞化する傾向は、洗脳方法と然程に変わらず、そうした状況をつくりつつ、(工作では、特定の)宗教へと勧誘する傾向があり、入信を拒めば、更なる攻撃を行い、『自殺へと至る事案もある」のかと想え、且つ、「国民側は、学習をするよりも、いかなる手段でも資本を稼げば、幸せに成れる」っと言った政治的な展開により、政治的な依存性(政治の知識が無ければ、その権力者に従うほか、民の選択肢が無くなる)を強めつつ、牧(僕)民化する事によって、政治的、宗教的な支配感を楽しんでいるに過ぎないような状況にあるとも判断できる。

 よって、立川市市役所、及び国家の現状では、「立憲国を造りながらも、立憲の志を込めず*2、我らは、等しく、恐怖と欠乏から免れられない」と言う、論理式が成り立つのであって、まるで『日本ごっこ(立憲とは、名ばかりの国家)』と成りつつ、それの原因としては、地方公務の状況が国家公務より悪く、それを更に悪化させている宗教、また民主と称して共和、共産的な支配を試みているとしか判断できず、我が国で言う所の自由(憲法・第十二条)を逸脱して、まるで、Mafia(マフィア:ヤクザと異なり、俺さま経済、または、同胞主義;ヤクザとは、もともと、ならず者である個人への呼称であり、集団を意味する言葉と異なるが、それらを西洋 文学的な観点で誤認させた展開が有ったために、指定暴力団などをヤクザと称しているが、誤りだと私的には、判断している)的で国家全体が日本を偽る、『俺さま経済の集団により、形成された自治で、その背景には、知恵などを出す民が居るが、それらの存在を政治権力者が隠蔽する傾向にあるが、昔から日本で生じている卑劣な文化現状でもあり、それが伝統であるのならば、そうした国と言う自治で生活の継続を行わなければ良い』だけの事である。

 尚、私の経済活動、行政に関する鑑査の活動は、『日本ごっこ』の状態を臨床的に修復を試みているに過ぎず、既に人道的な観点から最低限度と成る日本人としての生活の維持を、福祉的に確立させた経過に基づいて、非国民的な活動者まで擁護する必要が無いのだから、一般人への経済性を高めること(その分類には、社会思想、共産思想、宗教思想までは、含まれない)にて、無宗教、無思想な人を、憲法や法律を基準にと考慮した観点で、経済的擁護をする活動へと、切り替えており、敵と分類されれば、当然にと共存の観点が無くなり、敵側の攻撃に対しては、正当防衛が認められる範疇で、敵側と同等での応戦を行いつつ、敵からの脅威を配乗する。

 これらの活動は、日本の国民、一人の観点で展開する(事が可能)ので、あえて同胞や仲間などを造る必要も無く、それらを求めるような弱者は、私的に必要としてない。

補足 - 平成26(皇紀 2674;2014)年06月05日

 を悪用する公務員が増えている事が解っている。

 「気は、心なり」とも言うが、それにおける責任は、これまでの人生経験から、「自然的に処理されるのであろう」との判断を行っている。

 事案によっては、正当な方法で迎撃を試みる。

関する、法規

憲法(電子的政府)

昭和二十一年憲法

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

刑法(電子的政府)

平成二十九年六月二十三日公布(平成二十九年法律第七十二号)改正

第三十五条(正当行為)

 法令又は正当な業務による行為は、罰しない。

第三十六条(正当防衛)

 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。

二項
 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

第三十七条(緊急避難)

 自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

二項
 前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

*1 憲法・第九十九条
*2 『仏造って、魂込めず』の転用であるが、それを用いた理由も有り、且つ私的には、比較的に神道であり、最近では、新道なのかとも想うが、安易に他者に対して倫理性の維持と言う観点から、それの指導、教授などを行わない

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-07 (土) 11:29:38 (266d)