国 北海道、沖縄県で生じている倫理、治安の低下に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-04-07 (月) 14:44:12
  • 段階、参照:

趣旨

 ここ数年、北海道の治安が、悪く、成っている事が、解っている。

 よって、治安向上の為にも、警察官だけに、拘らず、自衛官の導入を、検討するように、求める。

北海道沖縄県

要望

防衛省 大臣官房 広報課 - 平成26(皇紀 2674;2014)年04月07日 

 ご意見、ご要望を承りました。

補足
 沖縄県にも、陸、海、空が、在ります。

概要

 近年の北海道では、治安が低下しており、警察だけの防衛は、困難と、想える

 よって、自衛隊と、警察が、協力を、行い、防御、治安を、維持する事を、検討されるように、要望する。

 なお、沖縄県に付いては、「成人式の日に、自衛隊の広報課隊員が、作業着(迷彩服)で、路上に、立って、広報の活動を、行ってもらう程度でも、効果が、有る」と、想われ、「東南海の沖で、大規模な地震が、発生をすれば、相応と、成る、被害に、遭う可能性も、有り、それを考えると、やはり自衛隊の制服が、彼らの視野に、入れば、世間に、対する感覚も、変わるのかと想える」ので、検討を、行われたい。

警察庁 長官官房総務課 広報室 - 平成26(皇紀 2674;2014)年04月07日

 ご意見、ご要望を承りました。

概要

 近年、「北海道における治安維持が、警察だけでは、治まらない状況に、有る」と、感じられ、もともと、(警察官の)人員的不足なども、生じており、色々な観点から、治安への問題が、有る。

 また、「最近に生じている、爆発物などの事件では、防御(自衛)と、言う観点で、言う 感覚(認識)が、警察の防衛的意識とは、異なる事から、生じる」のかと、想われる。

 よって、「(一)人員不足、(ニ)国民による、自衛の体制を、強化」に、関する問題を、解決する為にも、自衛隊と、共同(双方で、情報の交換を、行う事など)で、公共的機関の警備などを、行われたい。

 なお、沖縄県での展開に付いても、警察(庁)と、共同的作戦での展開を、検討されたく、省庁の双方代表者で、協議を、行われたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-21 (日) 11:39:11 (213d)