国 国外にある日本型都市の撤収

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-04-11 (金) 16:30:49
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国内には、外国型の都市(中華街など)が有る。

 近年は、大韓民国などの占領的な観点で展開をする 自治区も見られる(但し、政府側の公認が暗黙である ならば、別問題でも有る)

 逆に日本型の都市が海外にも在り、Little Tokyo (リトル・トウキョウ)などの名称が使われているが 相手国の国土を占有していることは、事実である。

 そうした都市は、今時代だと相手国の民にすれば、 占領的に感じられるのかと判断でき、逆に国交の妨げ と成る可能性もある。

 また日本人以外での事例からは、外国民の反政府的 活動の拠点に成ることも有り、それに習えば、日本の 国内でも、同じ形式の危険が及ぶ可能性もあり、更に 海外の日本型都市が、所属する国(政府)に対して、 母国の国家思想と異なる観点で、活動をする可能性も 疑える。

 よって、国交における時代相応の適正化を踏まえ、 先進国などにある日本型の都市の撤収を求めつつも、 「日本国の民は、世界中から十二分に愛されているの だから、個人や小さい家庭の単位であっても、十分に 受け入れてくれる他国民が多いのかと想われ、過剰な 日本人都市は、必要とされてない」のだから、それの 自粛を求める。

 なお、途上国などにおいて、該当国に日本人都市を 作りつつ、そこを日本人が経済的活動の拠点する事は、 相手国が許す範囲で好ましいのかと想えることからも、 条件(途上国の経済性における向上の為に、日本人が 働きかける拠点を確保する等)が、相手国の国政や、 民に受け入れられる範疇では、善いのかと想われる。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:24 (437d)