国際 Ukraine(ウクライナ)紛争の仲介に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-04-12 (土) 07:47:19
  • 段階、参照:

趣旨

 Russia(ロシア)とEU(European Union)圏との 仲介的な都市となる、Ukraine(ウクライナ)自治に おける国家の安定性に付いて、日本国の支援が必要と 想われる。

 これまで、米国の指導(誘導)が有ったような立場で Ukraine との国際関係を、日本国の国家として主張を 行っているが、憲法・前文の第三段落目に習い、中立な 立場を国際関係で維持するには、Ukraineを支援しつつ、 紛争が生じないようにと働きかけるのが、日本国の役目 なのかとも判断するので、それを国家に要求する。

関連する、法規

日本国 憲法

前文 第三段落

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:24 (437d)