国 宗教法人法の改正に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-04-12 (土) 11:50:28
  • 段階、参照:

趣旨

 昔から宗教に関連する不倫な行為は、 多く発生している。

 そもそも、現状における政府側での 認定は、不適切で有るのかとも想える。

 政治も同じ事が言えるが、集団性を 過剰に追求(集団性 Mind Controlに 拘っている;国民の個々における自立 心を阻害)している。

 つまり神仏、精霊は、国民の個々に おける精神的な物であって、必ずしも 集団を形成する必要は、無い。

 法律的には、宗教法人として利益を 得るなどの場合を規制しているのかと 想えるが、その機能が十分に果たせて 無いのだから、その規制強化を目論む。

 なお、私は、神仏、精霊を否定する 観点が無いが、不浄な宗教団体までも 認める理由がなく、むしろ排除をする 意味合いで、働きかえる。

対象

  1. 脱税
  2. 越権、乱用
    1. 犯罪の幇助
      1. 他人に不利益を与える目的で、組織的に行われた行為
  3. 政権的な贔屓
    1. 選挙権を有する者の確保
  4. 家庭内での子供におけ宗教の選択自由を阻害する教育
    1. 子供が望まない、連れ戻し行為 - 再洗脳の準備など
    2. 当て馬(試情馬:Wikipedia
      1. 信者を、恋愛相手として引き当てする
  5. 犯罪の隠避
    1. 宗教の名の下に、他人の悪事をしながら匿う行為など


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:25 (436d)