国際 2015年頃に、世界戦争を生じさせる目論見の阻止

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-04-17 (木) 09:25:35
  • 段階、参照:

趣旨

 Christianity や世界的秩序の均等性における流れから、2015年頃を境に、世界戦争や世界各地での軍事的な目論見が窺える。(実は、一般の生活中において、世界規模の広範囲で示唆( Subliminal 的効果:Wikipedia)行為が行われており、子供、少年の GAME 等でも展開されている)

 日本国でも、『同盟国への軍事的な支援』との観点から、徐々にと軍事の紛争へ、参加する準備などが行われている。

 よって、日本国 憲法に習い、相手が誰であれ、軍事的紛争の準備を阻止、排除の目論見を展開する。

補足 憲法の九条を守ろうと主張する人達に付いて

 愚かにも、憲法の前文すら把握されてないような人達が、「憲法の九条を守ろう」と、嘗て国家に反旗を翻すような人達などが、故意に主張を行っている。(彼らは、同胞を確保する為に、餌と成る題材を用いて人を集めつつ、徐々に Mind control(マインド コントロール) を行う傾向にあり、近年の宗教団体などでも行われている方法で展開を行っている可能性が有る)

補足 支配する者と、支配される者

 日本国では、「華族その他の貴族の制度は、 これを認めてない(憲法・第十四条)」が、 戦前からの財閥体制などに基づく家系制度が、 平成にと至っても根強く残っている。

 そうした「家系維持の観点で従わない民や 養い難いとする民を合法的に排除する手段と 言う意味合い等を踏まえて、軍事紛争の発生 などが都合が良い」とされる家系も有って、 謀反を起こされる前に処分する手段としても 昔から使われている。

 結論的に、「生き残る者、生き残れない者」 との結論に成るが、性悪説では、「生まれて こなければ、死なない」との観点があって、 逆に性善説では、「生後の業における責任」 などが問われている。

 近年では、狩をすること無く、食肉などを 簡単に食品店で入手が行え、屠殺(とさつ:

A Href="" Target="_blank">Wikiepdia</A>)の場面を知らずして、 食する事が可能と成っている。

 それは、「まるで過去の世界戦争の悲劇を 知らずして、現代を生きている」と言うにも 同じ公式で成り立つ、仕組みである。

 特に面白いのは、Christianの儀式では、 Christの肉、血を、食べ物、飲み物に例え 食すること Cannibalism(カニバリズム: Wikiepdiaの如くにと 展開していたり、実際に世界的な視野では、 古来から人食の文化が有ることは、解って いるが、「人は、それ程までに洗脳をされ やすい生き物」である事が解っている。

 つまり、世界人口60億の状態において、 「人口過多の制御や、世界秩序の為にと、 軍事を用いる思想が有る Terrorism の 根源は、自己の遺伝子を、引き継がない 他者の繁栄、または、信仰」が、根源に 成っている事が多く、その反対に多産を 信仰する場合は、軽蔑的に相手を扱い、 差別する階級性を設置しつつ、「的(敵) に対して生きる気力を削ぐ(自殺、または、 Terrorism 思想を相手に抱かせる要因 などを作り、『 正義(同胞)と、悪 (相手)の敵対』と言う形で敵対関係を 確立して、敵との人命を含めた消耗戦を 展開することも有り、且つ増え過ぎたと される人口調整の為にと故意に、戦争を けしかける事も有る。

 よって結論的には、「人の発生に伴う 地上における大自然などとの調和、及び 宇宙との自然的な調和に基づく、文化的 発展が行われなければ、自然(法則)的 観点から、その生物が滅ぶこともある」 との状態にあり、人を支配しようとする 者が、『人類』と言う観点だけに特化を する場合には、他の生物や自然摂理から すれば、人の存在が脅威と成り、自然的 法則から、危機的な状態に陥る事も解る のだから、それらの法則的な観点からも 『平等性が問われる』ことが解り、その 部分において規制されているのが、憲法 第十四条に定めが有るとおりである。

 なお日本国の憲法は、意外にも均等性 などが綺麗に整っている論理で有るが、 それが確かに高度であって、制定後でも 9割以上の国民が論理的に理解してない 状態にあって、立憲国としては、『日本 ごっこ』を展開していると言うのが、 現状の本邦における政治事情であって、 そもそも与党が違憲的に活動をしている 状態が悪く、Catholic(カソリック: Wikipedia)的な展開の 代償として、軍事参加を迫られている 状態にあるのかと、国民の一人として 判断している。

 ちなみに、古来から Christ 教は、 日本国に平和をもたらした事が無く*1、 それらは、全ての宗教にも言える事で あるが、唯一に「神仏、精霊の使いと 言う『称』が付いた業を行うことで、 安堵感を得つつ、逆に苦境にも耐える 精神で挑む者も居るが、その仕組みは、 善であれ、悪であれ、変わらないので あって、それを、どのように使うか?」 と言うだけの問題であり、文民統制と 言う観点では、論理的な見解で有る。

 結論的に「何であれ、形を有する物(者)が、その形を維持できなければ風化する。また形有る物(者)を壊そうとする物(者)も居る」と 言う言葉で、全てを表すことが可能と想われる。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府)

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第十四条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

二項
  華族その他の貴族の制度は、これを認めない
三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

*1 論理的には、二千年以上も経ているのに

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:25 (654d)