防衛省 Iraq(イラク)復興支援から帰国した自衛官の自殺数に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成26年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2014-04-19 (土) 23:14:46
  • 段階、参照:

趣旨

 28人もの自殺者が居ると、報じられているので、その事実を確認する。

 また、国内外の人員による人間関係工作によって、精神的な病を発病させられている可能性も疑える事から、その点に関する調査なども強化してもらうようにと、要望を行う。

 ちなみに、自衛隊にと限らず、広く議員などを含む、全公務員に言えることであって、司法、国交・国際の分野、一般人でも収益が大きな企業や、国交に影響が、有るとされる人員、特定地域に住む日本人を排除して自国の民(同胞)を有利的にと住まわす為の工作も、展開されていると判断をするに至っている。

 よって、自衛隊に限ったことでも無いが、(排除)工作が展開されている可能性も疑えるので、相応なる調査を行ってもらうように、要望を行う。

補足 米国などの事情

 なお、米国などでも戦地からの帰還後に、精神的な障害を発症する人が多く、自殺や、世間への働きかけなどに消極的に成りつつ、うつ病、総合失調症などを、発症する米国人が多いと、だいぶ前から経済情報誌で取り上げられている。

 私の見解だと、「不十分な志で、戦地に赴いた人が精神を病む可能性が高くなる」と、判断をしており、「(一)軽い気持ち、(ニ)低学歴で貧困的生活から、脱却を想って」等の観点から軍隊へ入隊を行った者や、「(三)実は、米国の場合だと以前から、学習成績が、低い地域では、自然的にと治安も悪くなる傾向にある事から、そうした地域で重点的に、剰な勧誘を行う事」が、指摘をされており、少々の精神的障害を有する者でも、戦地に送り出して、(命を)消耗、処分する事が、話題に、成っていた事も、有る。

調査、要望

防衛省 広報課 - 平成24(皇紀 2672;2012)年04月22日

(一)
 御指摘の報道内容に付いては、広報として認識を行っておらず、その事実に付いて把握をしてません。

(ニ)
 貴重な御意見を有難う御座いました。

調査、要望

 「Internet 上で、報道の機関が、公開を、行っている、内容は、事実なのか」を、明確にされて、頂きたい。

 近年では、「精神病を、発症させる、工作の活動が、公然と、行われている事も、有るのかと、想われる」ので、その観点からの調査も、行われたい。
 去年度も、要望を、行っているが、『自殺者の数は、防衛白書に、各駐屯地別、及び、所属を、行っていた、部隊別の統計を、明記』されたく、広く、国民からの意見も、求められたい。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-15 (日) 10:53:58 (157d)