国 移民の抑制

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-01-04 (日) 10:20:35
  • 段階、参照:

趣旨

 都道府県自治、各市町村自治の単位で、移民の総数を自治区の総人口に対する比率の形式で、入植を規制する事を求める。

義務教育程度の能力
 本邦での義務的教育では、『(甲)公害、(乙)犯罪、(丙)自然の災害』に付いて学ぶが、外国からの移住者に、相応な知識、及び自衛の能力が有るのかは、経世済民的な観点から問題視される。
治安の維持
 現状では、既に各地域が乗っ取られている状態と成っている場所も有る。
補足
 逆に、本邦の民が、海外で植民地を形成する事も有る。
自然の災害における自衛の概念
 本邦では、自然の災害における事情を、十分に理解の無いまま、外国人が移住すると、何だかの被害に遇った後の保障が、不十分となる可能性が有る」との点に、留意する必要が有る。
例えば、避難する場所など
 僕の調査では、所属する『立川市役所の事情(異文化共生と称するが、異国の民へと、十分な防災に関する情報の提供を、行って無い事が解っている)』に基づく、『人道的な観点*1』で問題視のであって、「外国人を嫌っている*2」とかの問題と異なる。

 これは、将来において暴動や移民と国民とで紛争と成らないように抑制する事を目的としており、過剰となる植民地的な国土の占有をも規制する事を意味する。

 なお、日本国での移民に付いては、自民党、公明党など、主な仕切りは、与党の支持者によって構成されています。

+  YouTube

関する、課題

傾向の観察

本邦の政府

平成30(皇紀 2678;2018)年06月09日 現在

海外の事情

令和02(皇紀 2680;2020)年09月28日

令和元(皇紀 2679;2019)年08月13日 現在


*1 移民を受け入れる健全な体制が無く、それを不経済と判断する。
*2 本邦の不良民より、優秀な外国人も多い事が解っており、それにより『本邦の政府が、誰を護るのか』は、不明。:仮に、「平等と政府が判断する傾向と成った時に、本邦の民に不満が生じないのか」と言う、公公共の安定を図る類で、懸念される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-21 (水) 18:31:14 (1d)