国 住所不定者の根絶

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-06-02 (火) 17:10:14
  • 段階、参照:

趣旨

 一昔前から観察を行っており、減少の傾向に有ったが、近年、及び未来的にも増える可能性が有るので、再対策を国家に求める事を検討する。

追記 - 近年の事情 - 平成29(皇紀 2677;2017)年11月05日
 実は、『(A)業務の電算化に伴う、労働者不要の問題は、ニ昔も前から話題に成っていが、(B)「少子化対策を解決する手段に、電算機、AI等の起用が本格されている」との世情に伴い、雇用枠が更に減ると見込まれており、(C)''愚かにも本邦の女性達が、過剰な社会進出を望んでいるような思想も展開され、(D)その関係で、企業に留まる女性が増える反面、その分だけ男性の雇用枠が減っており、(E)政府も、男性的社会だった時代から、憲法に伴う保障を、男性側に行っておらず、(F)更に女性の枠が増えれば、不十分な状態を更に増す事と成るに至っており、(G)挙句の果てに、外国人の移民(就労的、永住)における保障も、当然に不十分過ぎるとの状況で、在日外国人による失踪、犯罪も増えている傾向に有る。
最も深刻な問題
 在日外国人や、難民と称する形式で過剰に受け入れる体制にも、問題視される。
難民の何が悪いのか
 難民の受け入れ自体が悪いのでわなく、『過剰に難民を受け入れた後、治安が低下する事が有る事への懸念』が問題視される。
在日外国人の存在が悪いのか
 在日外国人の存在が悪いと言うよリは、近年に在日外国人による犯罪が増えており、やはり経済(經世濟民)的な観点からも、治安の低下が問題視され、国籍を問わず、在日外国人の二世代以降で、集団を形成する場合は、注意が必要と成る。
本邦への留学、就労中に失踪
 過去に別件を調べた時に、意外に多いと感じた事を覚えているが、その数値は、不明確。つまり、留学、就労の目的で、本邦に入国後、失踪に至りつつ、それの後に、『(甲)自殺、(乙)住所不定(国籍も不明)者、(丙)その他(不法入国者、刑事*1への着手など)』と成る事例が生じていた。
救済を行うに値する人格や能力の見極めが必要
 一般的に差別と称される可能性も有るが、「本邦の民が、不利益を被る要因を排除する」のは、当然の事であって、少数の善意(実質的に不経済な活動を行っている場合は、偽善が該当すると判断)者が、正義感から(過)保護を展開する事で、他の関係が無い民が、被害を受ける事が生じる。逆に、長年の観察では、Christianity等、宗教や思想の関連から、募金、支援金などを集めつつ、その系列だけが利益を得られつつも、その背景に特定の思想が利益を得られる(他人の不幸で利益を得る観点)仕組みが有る事も解っている。例えば、年末に多い貧困者への義援金募金も、実質的に経済性が有るのが問題視されている。本邦の文化では、落語にも『後生うなぎ』が有る程に、他人に幸福感を売る商売が、古来から存在する。)
政治主権者による罠
 代々に政治家を展開する家系(と限らないが、古典的経済学)では、「民は、国家を形成する付属物、及び資材」との観点が有り、『戦争、災害などを含めて人命が消耗する事も有り、女性が人(子供)を産む事を人口の生産と学術的に称する』程である。

関連する、課題


*1 国家間における文化的な差から、『母国へ強制的に送還されるよりも、本邦の刑務所で生活を行っていた方が、快適な生活を維持する事が可能』と言う、倫理性の飽和が生じている事も解っている

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-19 (日) 17:07:34 (75d)