民間 貸家契約に付いて その2

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-06-20 (土) 12:20:36
  • 段階、参照:

趣旨

 遅延損害金に付いて「金銭債務の支払いを遅延したときには、年14.6%の割合による遅延損害金を支払う」との条文が有るが、それにおける法的な根拠が明確と成ってないので、その説明を求める。

関する、課題

  1. 民間 貸家契約に付いて - 日誌/進捗/平成27年度/118
  2. 民間 貸家契約に付いて その3 - 日誌/進捗/平成27年度/120

要望

民間の某不動産会社

(一)
 担当者が席を外しており、即答が行えません

(ニ)
 担当者に伝えておきます。

  • 平成27年06月14日

概要

(一)
 貸家契約において、遅延損害金の条文に「金銭債務の支払いを遅延したときには、年14.6%の割合による遅延損害金を支払う」と記載されているが、それを定める法的な根拠を明確にされたい。

(ニ)
 一週間程度は、待つので、その間に返答をされたい。


 待ち受けの期日を過ぎても連絡が無かったので、改めて当方から連絡を行った。

民間の某不動産会社

 申し訳が御座いません。担当者が不在ですので、その旨を伝えておきます。

  • 平成27年06月20日

概要

 以前に問い合わせた、遅延損害金に付いての返答が未だ無いので返答をされたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:26 (856d)