立川市役所 経理事務の確認

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-06-25 (木) 11:22:07
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市福祉事務所(立川市)では、一時扶助の申請が行われた後に、それが必要とされない事が解っても、その支払いを停止する作業を行わない事が有る。

 よって、そのような事が、なぜ生じるのかを調査(確認)を行った。

調査(確認)

生活福祉課 庶務係 経理担当 - 平成27(皇紀 2675;2015)年06月25日

(一)
 まず、(あ)地域の担当者から支払いの要請が有り、(い)それを組織上で別の課となる会計課を経て、(う)金融機関へと依頼をされます。

(ニ)
 最低でも三日営業日前ならば、取り消しの依頼が行えると把握をしております。

概要

(一)
 まず、一時扶助など、被生活保護者に対して行われる支払いの流れを明確にされたい。

(ニ)
 また、その手続き後に、支払いの必要が無くなった場合には、どのような手順で作業が行われるのかを明確にされたい。

 (甲)
 なお、取り消しの手続きに付いて、最低でも何日あれば行えるのかを明確にされたい。

会計管理者(部長) 会計課 会計係 - 平成27(皇紀 2675;2015)年06月25日

(一)
 まず、(あ)地域の担当者から支払いの要請が有り、(い)それを組織上で別部署となる会計課を経て、(う)金融機関へと依頼をされます。

(ニ)
 (ア)最低でも三日営業日前ならば、取り消しの依頼が行え、(イ)通常の取り消し作業としては、5営業日前ぐらい迄に行ってもらっています。

概要

(生活福祉課 庶務係 経理担当と同じ質問を、行った)

結論

 結果的に、福祉課の担当職員による「(一)誤認である事が解ったが、(ニ)実質的に職権の乱用である(刑法・第百九十三条)」と判断できる。

補足

 一つの成果(結果)が、異なる複数の部署による作業で構成されている場合には、その各部署における業務の認識(責任)が各々で異なる事から、同じ内容を確認しても、帰ってくる返答が同じだと限らない。

 また、何だかの原因を追究する場合には、その細部に原因が有ったりするので、各関連の部署で個々に事情を聴取することで、原因が解る事も有る。

 本件では、地域の担当者が過信して生じた事案(支払いの停止が行えるのに、それを行えないと主張した事)で、過去に高等裁判所などでも、似たような事件を体験している。

関する、法規

刑法(電子的政府

改正
 平成二五年一一月二七日 法律 第八六号

第百九十三条(公務員職権濫用)

 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-11 (土) 20:23:03 (467d)