国際 中華人民共和国の自主的な分散

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-01-14 (水) 10:58:58
  • 段階、参照:

趣旨

 中華人民共和国(Wikipedia)は、統治している国土と人口の関係において、それらを制御する事が、倫理上から不可能で有るのかと想われる。

 また、同国内での民による何だかの暴動なども予測することが可能と成ることから、それらを事前に防ぎつつ、それの延長上で国際的な侵害を、本邦(日本)が受けないようにとの観点からも、重要視される。

 人類の歴史を遡れば、大国が長期に続いた事が無く、Tibet(チベット:Wikipedia)等からも、小規模の方が歴史的にも長く続いている事が解かるので有り、更に宗教などの主義は、国家が引き継ぐのでわなく、民が慣習的に維持している形式で続いている方が優位あって、それを国家が政治的に取り組むと、政治的な倫理構成が破綻して、Mafia(マフィア:俺さま経済:独裁的)的にと変貌してしまうのも事実であり、Vatican(バチカン:Wikipedia)等を含めて、見習うべく先鋭国と、見習うべく従進的な自治区(国家:その範囲は、周辺領土に限らず、国際的な範疇)に区分けすることで、中華人民共和国の現状における経済的な負担を解消できるのかと想われ、それによる負担を日本国などの周辺諸国が被る事も無くなるのかと想われる。

 よって、中華人民共和国には、過剰な領域の自治区を独立させつつ、徐々に規模を縮小して行くよう勧めつつ(ソ連のように、急変的な改革を求めてない)、それに応じない場合は、国家(日本国)に対して「近年の国際関係から(民間の侵害行為や、それを保護する周辺諸国への軍事的な威嚇など)国際連合おける、中華人民共和国の常任理事権限を剥奪する事を推奨する」ように求める。

解説

 嘗ての Сою́з Сове́тских Социалисти́ческих Респу́блик(ソ連:Wikipedia) も連邦を解消して各国に分散をされたが、国家規模での社会性の向上に伴う、統治的な再編成( Restructuring : リストラ:Wikipedia)を行ったに過ぎない。

 人体的に例えるなら、規定食(Diet:Wikipediaと等しく、過剰な食物の摂取を制限して、健康を維持する習慣を求める事に等しく、それを宗教的な観点で行うか、国家的な政治思想などに基いて、それを行うのかは、各国の政治体制に委ねられる。

 人は、千差万別の観点が有ると言われるが、現状における世界人口を想えば、「その人口調整を政治的に行う事は、不可能で有ると判断できる」のだから、それを機械的に政治で操作するのでわなく、自治性に委ねた方が良いのかと想え、それらの観点からも、中華人民共和国に限らず、India(インド:Wikipedia)等を含め、自治区の小規模化( Down Sizing )を世界的に推奨しつつ、それによって領土の余白部分に付いては、新たな文化の開拓地(自然の保護を含む)として活用するよう推進する。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:27 (856d)