公訴 平成22年(ラ)第1102号の件

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 却下
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2015-09-01 (火) 15:57:50
  • 段階、参照:

趣旨

 平成27年08月28日に、五年前に提起された事件の決定が下されと、東京高等裁判所から連絡が有った。

 本件に付いては、(一)裁判官、並びに(ニ)書記官による職権濫用(刑法・第)及び侮辱(刑法)を検討するに至っている。

関する、法規

刑法

最終改正:平成二五年一一月二七日法律第八六号

第百九十三条(公務員職権濫用)
 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

第二百三十一条(侮辱)
 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

却下の理由

 本件の課題では、「裁判所による『訴訟の流れにおける管理』に問題が有ると判断する」に至り、人的な過失を問わない事に決定した。

 なお、訴訟『平成22年(ラ)第1102号』も解決(終結)済み。

  • 平成27年10月31日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:27 (856d)