国 公務員における被虐性欲者、性的倒錯者の排除

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-09-17 (木) 13:49:21
  • 段階、参照:

趣旨

 被虐性欲者とは、Masochist(マゾヒスト:Wikipedia)の事であり、性的倒錯(せいてきとうさく:Wikipedia)では、Sadist(サディスト)も含まれるが、Paraphilia(パラフィリア)と称され、共に世界保健機関(Wikipedia)にて、疾病及び関連保健問題の国際統計分類(Wikipedia)(I C D:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)において、ICD-10 第5章:精神と行動の障害(大分類)で、(F60-F69) 成人のパーソナリティおよび行動の障害(中分類)の、(F65) 性嗜好障害(小分類)に定義されている、精神疾患とみなされる。

 実は、昔から司法の人員等に、被虐性欲者や性的倒錯が多いとされ、近年だと国会議員で、被虐性欲者だと公言されている女性の議員が居る。

 海外の事案としては、裁判官が性的倒錯者であって、それに関連する性遊具を身に付けて法廷に入って、それを被告に見せたりしていた事が事件に成っており、国際的に広く報道されている。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:28 (856d)