国 東京大学、中央大学における、法学部の廃部を請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-12-31 (水) 21:53:38
  • 段階、参照:

趣旨

 我が国には、「(一)決闘罪に関する件(Wikipedia)と称される法律があり、(ニ)更に憲法も制定されて60年以上も経つが、それを広く国民に理解させると言う責務」には、叶ってない。

 そもそも、「(甲)民間的な法律相談の設置(現在の法てらす)、談の窓口を設置す、(乙)裁判員制度の検討、法科大学院の検討、(丙)各市町村自治に、無料法律相を設置する」こと等の要望を、一般人である私が国民の一人として国家に要望を行っている程である。

 よって、「学識的にも、高位的な地位を与えるに値してないだでに留まらず、広く国民へ途方的な理解を求める人材を育てられない学部として、廃部の請求を行う」こと検討する。

 なお、越権や暴力団などの調整、不法行為の隠蔽など、広く司法分野における汚職的な問題も有るのかと判断しており、それにと組織的に宗教団体が関与しているとも判断している事から、複数の宗教団体の認可取り消しも別件で請求を行う。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-19 (火) 03:05:41 (505d)