民間 当方に何だかの被害を与える為の対応(JARL)

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2015-01-14 (水) 14:22:38
  • 段階、参照:

趣旨

 一般財団法人 日本 Amateur 無線連盟は、当方に対して何だかの被害を与える差別的な活動を行っている。

 よって、それによる損害賠償請求を行う。

内容

 基本的に、憎悪を抱かせる対応が主と成っている。

 もともと団体として不正行為が生じているであろう事も想えることから、公共機関を通して色々と指導を求めたりしており、それに伴う損害賠償請求なども含まれる。

  1. Mailの不受信
  2. 不実の認証
  3. HP上の問題
    1. 構造の改善に対する意見
  4. Contest
    1. 不実

Contest(コンテスト)における時間不正の事件 その一

結果

 平成27(2015)年01月14日13時35分に、E-mailにて返答を行ったと、担当者から電話が有ったが、同日の13時40分現在において着信が無い事を確認している。

 なお、改めて Award の申請を行っているが、それに対して私が今後、そうした申請に消極的に成るような心理を抱かせる為に攻撃的な返答(Mailが届かないであろう事を前提に、それによって当方が気分を害するであろう事を想定して電話をしてきた可能性も疑える状態:もともと当方で指定した返答の期日は、過ぎている)であったとも疑える。

  • 平成27年01月14日 13:40

新たな問題

  1. Mail
    1. 開封の通知
  2. 問合せへの返答
    1. 内規
      1. 従業員は、「会員からの問合せに対して、何日以内に返答」等の内規が有るのかを把握してない。
      2. 当然に把握してない関係から、「返答の期日を

 



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:29 (856d)