国 若者世代による防災の対策

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-01-20 (火) 09:18:07
  • 段階、参照:

趣旨

 都心部などへと単身で生活している18歳以上の若者に付いて、減殺の対策を行っているかを確認したところ、非常食を含めて何らの準備をしていない人が多い事が多いのかと想われる。

 特に学生などは、「学校を卒業するまで短期間だけの単身生活」と言うような感覚から、大学を卒業後に継続して都心で生活をする事に至った後を含めて、防災を考慮した生活心に欠けているらしい。

 よって、「(一)各大学機関では、大学や学生自治を中心に、新入生に対して減災の準備を心がけるように呼びかけつつ、大学生協などにて、減災品(非常食など)を販売する事が求められつつ、(ニ)各都道府県では、成人式などの日に、行政機関から新規成人者への贈り物として、減災の準備を呼びかける冊子などを検討する」などが求めれる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:30 (652d)