国 宗教法人認可の取消を請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-12-31 (水) 21:56:13
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国の憲法に、伴う、宗教とは、認め難い、団体の法人権を、取消ように、求める。

追記 平成30(皇紀 2678;2018)年04月08日
 第二次世界大戦後から、映画や歌手などの分野で、Freemasonry への入会を踏まえた、各宗教団体への入会が有ったと想えつつ、各宗教団体における広告塔の役割を、芸能人が担っていると判断。
Freemasonry との関連的意識に欠ける芸能人
 女性に多いのかと想われ、その場合には、その女性を管理する立場に有る物が、Freemasonry や、宗教団体関係者と成っている可能性が有る。
平成の前
 僕の判断では、主に Christianity 系を意識する者が多く、次いで新興系宗教と判断。『(ア)多額の借金などを課する(発生させる)形式で、奴隷化*1を試みられたり、(イ)暴力団との連帯(人間的な関係)を工作する』等、対象者の性格の分析などが行われつつ、『金ずる』にされる場合も多い。特に、『(あ)在日系や、(い)元不良』の場合には、鵜飼(うかい)()の如くに扱われる傾向が有り、後に独立する芸能人も多い。実際に、宗教の関連による問題で、世間的に話題と成った芸能人は、多い。
信者と言うよりは、工作員
 全宗教で問題視されている、工作的活動において、公務員にも多くの人材を送り込んでいる事が、問題視されている。
結果的に、Freemasonry の利益に成る事ばかり
 仮に、宗教の否定が広まれば、共産、共和主義が指示されつつ、天皇制の存続が危ぶまれる。逆に、悪質な宗教が増えれば、国内の経済性が劣化、貴族的な政治家を含めて、政治的な信頼が薄れつつ、やはり後に天皇制が危ぶまれる。『既に、皇室の人員が、第一次世界大戦前から Freemasonry の一員であった可能性も疑える』が、「仮に、そうてあっても、『皇室の存続(文化の維持)』に付いては、僕の経世済民的な観点だと、分けて考えている」との状態に有って、『(A)人が負う責任と、(B)限定的な人*2によって作られた社会の形態における責任*3』とを、区別するように考えている。
工作を行う信者と、精神病質性
 例外無く、全ての宗教、思想では、違憲、不法な行為でも、『加護(かご)*4が、有る訳でも無い事が、多い。なお、オウム真理教の形式は、全宗教、思想でも、類似する部分が多く見られる。
『派遣契約社員(個人的請負を含む)』と同じ - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年04月10日
 工作の活動者は、信仰や、思想の同調を、然程に必要とせず、「組織、集団、及び依頼主へと、被害を生じさせず、組織、集団、及び依頼主へ利益を生じさせる」と言う関係で成り立ちつつ、請負者側の利益は、資本と限らず、『(甲)例えば生活(衣食住や生命*5、(乙)幸福感、(丙)一般的生活における周囲との人間的関係で、違和感が無い事』等の保障など、請負者、及び従順者、同胞者における、何だかの利益を(暗黙を含む)保障する関係で、成り立つ。
海外に拠点が在る場合 - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年04月09日
 税金の対策が行われている可能性が有るのかと想われる。
高価な建物を経てる費用が有るならば。
 一般的な宗教に理念では、人員の救済へと費用を注ぎ込むが、『似非な宗教だと、過剰にと、建物へ資金を注ぎ込む』との特徴も有る。
外国からの工作員が紛れている可能性 平成30(皇紀 2678;2018)年04月10日
 各宗教団体、思想や政治等の団体に所属、及び寄付を行ったり、所属する団体や、特定の個人に、利益性の有る活動を行っている割には、関係する団体や個人との共感性に欠けており、『何だかの利益を、発生させるだけ(信仰や思想の同調と異なり、利益の製造や回収)』の人材が居る。
企業体形式の集団
 本邦の全宗教や、何だかの思想的集団など、あらゆる集団の形式では、「信仰や理念に、然程に関係が無く、『(あ)組織への貢献、(い)競合性における利益の保持力、(う)及び敵側の利益を阻害するに繋がる能力、(え)憲法や法律よりも、組織の規律を厳守する専制と隷従、(お)当人が、いかなる状態に陥っても、組織に不利益を生じさせないように自決を行う性格*6を有する』等、それらの条件が揃って入れば、合理的*7である」と言うだけの人材を意味する。

関連の案件

補足

 オウム心理教の派生とされる、Aleph(アレフ)*8、ひかりの輪など、本邦(日本国)において、宗教法人と認証されない団体は、本件の課題から外れるが、課題に拘らず、自警の観点から警察の機関などへ、随時に協力を行う。

対象

 過去に、刑事的な不法行為や、民事的な不法行為が生じたとされる団体が主と成る。

創価学会

  • Wikipedia
    • 万屋では、創価学会、公明党系の Website へ、直接に、接続を、行う、事を、他者に、勧めません。
  • 参考

理由

  1. 人間関係の工作
    • 信者による不当、不法な行為の多発
      • 地方では、信者の家庭にて、少年期から反社会集団を形成する傾向に有る。
      • もともと、土地柄的に、世間からも問題視されているような地域に踏み込んで、入信(信者)を行っている事が原因だとも想えるが、その点に付いては、他の宗教団体(例えば、ものみの塔など)でも同じ事を行っている。
    • 洗脳、心理的行動の操作
    • 選挙における投票の操作
      • 区割り等、選挙で投票する同胞の立候補者に対して、戦略(計算)的に投票をさせる。
    • 公務への信者(工作員)導入が、多い。
  2. 中華人民共和国 武漢大学(Wikipedia)との関係が、深い
    • 寄付、等
    • [補足]
      • 令和02(皇紀 2680;2020)年04月05日の現在、「武漢(Wikipedia)が、新型の肺炎(疫病)の発生地」と、国際的に、報道が、行われて、いる。

世界基督教統一神霊協会世界平和統一家庭連合(日本国内で運用されている団体のみ)

理由

  1. 人間関係の工作
    • 洗脳、心理的行動の操作
      • 他人の思想や情報を、違憲、不法に操る - Mind Control(マインド コントロール)
      • 催眠的商法 - 霊感商法
    • 結婚の縁組が、不自由
      • 「離婚に、伴う、財産の分与問題、等問題も、生じて、いる、事が、報道、等で、広く、伝えられて、いる」が、『結婚が、信者の同意に、基き、法律上の手続が、行われて、いる』と、認められる、限りでは、その結婚における、不法性を、問うのが、困難。
    • 強制、強要的な入信の促進活動
    • 体罰
      • 信者を、服従させる - 違憲(憲法 前文 第二段落目の趣旨に、反する:専制と、隷従)
      • 「信者が、目的を、達成する、事が、行えなかった、時に、行われる」と、言われて、いる。

報道

天宙平和連合

理由

  1. 日本統一教会の亜種
  2. 他人の思想や情報を、違憲、不法に操る

Jehova (ジェホヴァ)の証人 ものみの塔

  1. Freemasonry(Judea、Christ教における思想)の亜種
    • 特定の地域に Christ教を受け入れ易くする為の集団
      • 全世界規模の視野で見れば、大型の牧(僕)民集団で、所属する国家の倫理性における狭間で、倫理観を維持する傾向に有る。
      • 主に、仏教に、対抗する為の Chess(チェス)(:盤上の駒である Rook(ルーク) の役割に例えて作られた可能性が有る。
      • [補足] - 他にも、Bishop(ビショップ)、 等も、有ると、想われる。

理由

  1. 洗脳
    • 政治への不参加
      • 選挙への不参加、等
  • 他人の思想や情報を、違憲、不法に操る - Mind Control(マインドコントロール)
    • 輸血の拒絶、等
    • 体育科目の剣道を、
      • 神戸高専剣道実技拒否事件(Wikipedia

冨士大石寺顕正会

理由

  1. 刑事の多発
    1. 憲法 第十二条の逸脱
      1. 日本国の憲法で認められている自由は、憲法・第十二条に定められており、それを逸脱する活動には、自由を認めておらず、「悪行を継続するならば、国家が宗教の団体であると認証する理由が無い」のだから、その請求を行う。
      2. 信仰の自由には、特定の信仰に入信しない自由も認められているが、それを認めて無い。
      3. 他宗教との過剰な対立(Christ教など、過剰な一神教も同じ)
  2. 他人の思想や情報を、違憲、不法に操る - Mind Control(マインドコントロール)

幸福の科学

 僕の経世済民的活動における研究での判断では、『第三波団体*9の一種』で、近年では、『 利益の回収が、目的と成る団体 』と暫定。

理由

  1. 人間関係の工作
  2. 他人の思想や情報を、違憲、不法に操る - Mind Control(マインドコントロール)
  3. 信者による不当、不法な行為の多発
    1. 芸能、公務へ、信者を導入、または、勧誘
      1. 教員などの分野にも多い事に、留意
      2. 何だかの理由を付けて、借金を化せられた芸能人(被害者)等も居るのかと想われる。

特例 - 日本共産党

 日本共産党(Wikipedia)は、宗教と異なる政治の団体だが、それにおける活動において、他人の精神を害する活動などが、平然と行われている(人間関係工作などが行われている)と判断するに至っており、本課題の宗教の団体に対する観察と等しく、同胞主義、及び共闘集団(後に暴徒化する可能性が懸念される集団)として脅威と成るので、観察を別途で行う事を検討している。

 なお、似非右翼に付いては、既に指定暴力団として公安上において分類されているので、本件の枠と異なる。

動向

平成29(皇紀 2677;2017)年12月05日 現在

 当方で扱っている課題に、関与を行っており(当方とは、一切に関係が無い)、議会などで、共産党による主張とされる記録が残っている状態に有る。

 嘗て、公明党でも似たような事を、国会で行われており、卑劣さを実感するに至っているが、今回の場合には、市議会の範疇と成る。

 来年度から僕の活動は、前面に、日本共産党と一切に関係が無い」と、事ある毎に主張を行う事を心掛け、他者に誤解の無いよう、中立性を保つ事を検討する。

補足
 一昔前には、公明党と中国共産党の癒着が問題視されていた事を把握するに至っており、それの悪影響が現在に成って、展開されているようにも想える。
人間関係の工作に在日外国人が使われる件
 当初に、「在日韓国人による工作に付いては、政府の意向か」と想っていたが、「本邦の日系 Freemasonry による影響が有り、相互的な工作的活動の関係が有った」と判断するに至っている。

関連する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十九条

 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

宗教法人法([[電子的政府>]])

公布
 平成二十六年六月十三日
改正
 平成二十六年 法律 第六十九号

第一条(この法律の目的)

 この法律は、宗教団体が、礼拝の施設その他の財産を所有し、これを維持運用し、その他その目的達成のための業務及び事業を運営することに資するため、宗教団体に法律上の能力を与えることを目的とする。

二項
 憲法で保障された信教の自由は、すべての国政において尊重されなければならない。従つて、この法律のいかなる規定も、個人、集団又は団体が、その保障された自由に基いて、教義をひろめ、儀式行事を行い、その他宗教上の行為を行うことを制限するものと解釈してはならない。

第二条(宗教団体の定義)

 この法律において「宗教団体」とは、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする左に掲げる団体をいう。

一号
 礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する団体
二号
 前号に掲げる団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する団体

第三条(境内建物及び境内地の定義)

 この法律において「境内建物」とは、第一号に掲げるような宗教法人の前条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の建物及び工作物をいい、「境内地」とは、第二号から第七号までに掲げるような宗教法人の同条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の土地をいう。

一号
 本殿、拝殿、本堂、会堂、僧堂、僧院、信者修行所、社務所、庫裏、教職舎、宗務庁、教務院、教団事務所その他宗教法人の前条に規定する目的のために供される建物及び工作物(附属の建物及び工作物を含む。)
二号
 前号に掲げる建物又は工作物が存する一画の土地(立木竹その他建物及び工作物以外の定着物を含む。以下この条において同じ。)
三号
 参道として用いられる土地
四号
 宗教上の儀式行事を行うために用いられる土地(神せ ん 田、仏供田、修道耕牧地等を含む。)
五号
 庭園、山林その他尊厳又は風致を保持するために用いられる土地
六号
 歴史、古記等によつて密接な縁故がある土地
七号
 前各号に掲げる建物、工作物又は土地の災害を防止するために用いられる土地

第四条(法人格)

 宗教団体は、この法律により、法人となることができる。

二項
 この法律において「宗教法人」とは、この法律により法人となつた宗教団体をいう。

*1 女性の場合は、裸の写真集を出す事を、強く求められる等
*2 特定の人による権威だけ
*3 それを、一般の民が負う責任へと、帰属させているのが、現状の日本国における国家的組織の構成である。それが一般人に、あまり理解されておらず、それを一時的に理解するに至っても、それが「己れの生活において、どのように関係するのか」が解らず、逆に「国民の一人と言う立場で、自らの権利を主張する事が有っても、違憲や不法な集団、個人などにより、粉砕される事も有る」ので、消極的な人格へと変化する事も有るが、その性格へと、『誘導を行う工作も有る』のが事実で、「性格への工作は、本邦の皇室でも生じている」と想われる。
*4 神仏、精霊に守られている:それは、『本当の善(良き行い)だから』と、意識の操作が行われ、只単に警察などにも、信者や協力者が居るだけで、実際には、もみ消されたりする事が生じつつ、神仏、精霊の加護と、あまり関係が無い事も多い。:逆に、捨て駒や、裏切り者は、一般で言う『蚊帳(かや)の外』と言う状態に陥る事も有り、「予めに想定されていたであろう、自殺なども生じる」と判断するに至っている。
*5 健康、健全性の維持を含む
*6 この性格(人格)に付いては、催眠術(自己的暗示:教育などを介する形式で、自己的暗示を行わせる)を含む、性格的心理の操作( Mind control :マインド コントロール)によって、形成される人格で、『自殺を行わせる信条を発生させる事』も含まれる:(A)人工的に作られた性格と、(B)もともとの性格が、合致する場合もあり、『主に好戦的な性格』が該当する。
*7 不条理な行いであっても、(a)民衆からの非難や、(b)行政から違憲、不法と判断されれない場合:それらの状況を『(α)神仏、精霊の加護、(β)良き行いだから』と説き、「悪行の正当性(信者や従順者、共感性の高い周囲の者へと、認識させる)を、認識させる
*8 信者の増加が懸念されている
*9 第一波が、Christianity 系。第二派は、古典的宗教、思想を主根とする形式系。第三波が、雑種系と成り、根源と成る宗教、思想を定めず、『あらゆる宗教、思想の利点を取り込み展開する形式』で、その特徴が、病原体で言う 後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome(A I S D)) の性格にも類似するが、本丸と成る『日系 で、Public 系 Freemasonry ( Chimaira )』の方が、比較的に合致する部分が多い。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-12 (日) 16:49:28 (42d)