国 入国の制限

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-01-29 (木) 21:41:36
  • 段階、参照:

趣旨

  1. 軍事的な訓練を受けている者
    1. 適用の除外
      1. 政治家の個人
      2. 国賓に該当をする人
  2. 犯罪歴の有る者
    1. 既に対処済み
      1. その反対に観光などでは、手続きの簡略化が進んでいる
  3. 日本国に対して、公然と敵意を表する者
    1. 政治的な活動者
  4. 人の精神を損傷、破壊する工作員*1
    1. 人間関係の破壊を目的とする工作
      1. 標的の周囲における人間関係を破壊する
    2. 人格を崩壊させる工作
      1. 宗教、社会主義など同胞主義の団体へ誘導する為にも使われる

補足

関する、課題

対象の国

 外国の社会思想的、宗教、等の思想に、基き、働きかける、工作員が、一般人と、紛れて、入国を、行う、事の阻止が、必要と、成る。

대한민국(外務省Wikipedia

 人間関係工作、等を、公然と、行って、いる、事を、把握、それに、基いて、「どの時点で、対策を、展開するのか」の間合いを、図って、いたが、平成27(皇紀 2675;2015)年01月29日から、日本の国民、その一人と、言う、立場で、大韓民国による、日本国と、民に、対する、敵対心、等を、受け止め、憲法に、習い、対処を、行う。

  • 入国の規制
    • 在日の管理
      • 在住権の適正

中华人民共和国(外務省Wikipedia

 帰化者、等による、『(甲)植民地を、拡大、(乙)日本人との結婚、後の問題、(丙)人の精神を、破壊を、試みる』、等が、懸念されて、いる。

  • 入国の規制
    • 在日の管理
      • 在住権の適正

Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam(ベトナム社会主義共和国)

終了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年09月13日 現在

 本件の課題は、『 国 外国人の入国に付いて、規制を要請 - 日誌/進捗/平成28年度/273 』で、引き継ぐ、事を、決定。

 よって、本件の課題は、『 終了 』と、判断。


*1 外国人に限らず、国内の指定暴力団、宗教団体でも使われている

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-18 (金) 12:04:58 (35d)