国 基督と言う当て字を使うことに付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-12-31 (水) 22:05:37
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国で基督教と漢字表記される宗教団体があるが、漢字の読み的に「キリスト」とは、読めない。

 一般人の洗脳された具合を調査する事も兼ねて、行われたであろう基督との当て字は、漢字の本来から有する意味を想っても、該当をしてない。

 それを主張者が、自由の範疇(日本国 憲法・第十二条)で用いる事にまでは、問題視をしないが、公共の機関、学校(義務教育)等の教育で、それを刷り込む(Wikipedia)行為を、国民の一人として思わない。

 よって、国や行政機関が、Christ(キリスト)教に対して基督教と、「(甲)教え込まないよう、(乙)また公共機関では、不適切な漢字を用いて表現しない」ようにと求める。

関する、法規

日本国 憲法(昭和二十一年十一月三日)

第二十条
 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:30 (571d)